無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

Keith Jarrett 「My Back Pages」 (アルバム:Somewhere Beforeより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Keith Jarrett 「My Back Pages」
■アーティスト名:Keith Jarrett
■アーティスト名カナ:キース・ジャレット
■曲名:My Back Pages
■曲名邦題:マイ・バック・ページズ
■アルバム名:Somewhere Before
■アルバム名邦題:サムホエア・ビフォー
■ジャンル:ジャズ
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
この曲はボブ・ディランのカバー曲です。

原曲がボブ・ディランのどのアルバムに入っているかご存知でしょうか。答えは「Another Side Of Bob Dylan」です。私はすぐに出てきませんでした。そのアルバムは持っているのですが、あまり聞いていないのですね。

その代わりに思い出したのはバーズの「Younger Than Yesterday」に入っているバージョンです。バーズでも1、2を争うぐらい好きなアルバムですから、私にとってはそちらの方が馴染みがあります。

しかしこの曲に関する限りそれよりも更に好きなのは、このキース・ジャレットのこのライブ演奏のバージョンです。

今回ご紹介するにあたり調べたところ、キースはバーズのバージョンを参考にして演奏されたようです。

ピアノトリオによる演奏で、ベースはチャーリー・ヘイデン、ドラムはポール・モチアンといずれ劣らぬ強者です。

キース・ジャレットは不思議なジャズ・ピアニストで、ジャズピアニストの中でもあまり黒さは感じませんが、時々ゴスペルとかフォークの要素を感じさせることがあります。チャーリー・ヘイデンも似たグループかもしれません。

イントロの耽美で重苦しいベースラインの中から、不意に立ち上るピアノは最初から感極まっているような印象を受けます。

ドラムのポール・モチアンはテーマが終ると少し風変わりな演奏をしていますが、この人も普通のジャズという演奏ではありません。リズムをキープするというよりも、触発されて鳴り響くタイプのドラムでしょうね。

ベースはワンパターンだけどいつも聞きほれてしまう、私の大好きなチャーリー・ヘイデンです。ソロで少し不穏な音を出している以外は、ここでもとてもいい演奏をしています。

肝心のキースのピアノは歌心が爆発してます。こんなシンプルなフレーズをここまでしっかり聞かせるなんて、尋常な表現力ではありません。

私はウィンダム・ヒルにも好きなアルバムがありますが、そうしたアーティストの上位互換は俺だといわんばかりの貫禄を見せつけてくれます。

最後に時系列で整理をすると、ボブ・ディランの原曲が1964年、バーズのカバーが1967年、キース・ジャレットのカバーが1969年とこの曲は5年ぐらいの間に音楽界を3回震撼させたのですね。

当時キース・ジャレットは24歳でした。この後に彼は更に自由奔放なピアノ演奏を繰り広げていきます。

この曲はジャズでもあるけれど、フォークというか大地の音楽みたいな感じです。

最後に「My Back Pages」というタイトルと響き合うノスタルジックなジャケットも、とてもいい感じではないでしょうか。


お時間のある時にでも、以下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ

関連記事

スポンサーリンク

* Category : ジャズ・フュージョン

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する