無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

Jennifer Lara 「I am in Love」 (アルバム:Studio One Presents Jennifer Laraより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Jennifer Lara 「I am in Love」
■アーティスト名:Jennifer Lara
■アーティスト名カナ:ジェニファー・ララ
■曲名:I am in Love
■曲名邦題:アイ・アム・イン・ラブ
■アルバム名:Studio One Presents Jennifer Lara
■アルバム名邦題:スタジオ・ワン・プレゼンツ・ジェニファー・ララ
■ジャンル:ラヴァーズロック
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
今回はスタジオ・ワンのラヴァーズロックを取り上げます。

プロデュースはスタジオ・ワンなので、コクソン・ドッドです。スタジオ・ワンについてはいずれきっちり尺をとって書きたいと思います。

この曲を最初聞いた時にどこかで聞いたことがあると思いましたが、それもそのはずイブリン“シャンペン”キングの同名曲のカバーです。

どちらも甲乙付けがたいですが、今回は少しテンポを落としてゆったりしているこちらをご紹介します。

ちなみにイブリン“シャンペン”キングのバージョンと聞き比べたい人は→ Click Here 

このアルバムは「Where Have All The Good Men Gone」という曲が有名で、とても良い雰囲気を持った曲だと思いますが、私はこちらの方が好みです。

先ほどラヴァーズロックと申し上げましたが、私の感覚ではプレ・ラヴァーズロックみたいな位置づけの曲です。

後のもっとキラキラしたラヴァーズロックの名曲群に比べると、多少キラキラはしているけれど、少し地味で控えめなところがあって、オフホワイトな感じが好ましいと思っています。

さてこの曲ですが、原曲で特徴的なシンセサイザーのフレーズがここでも用いられていて、イントロから印象的です。

ただこの曲はそのシンセの背後で鳴っている音がとても魅力的です。これが何の音かは少し自信がありません。ベースの高音域で出している音ではないかと思いますが、全く違う楽器の可能性もあります。

かなり独特のアクセントをつけていて、これが最大の聞きどころになっています。この音に注目するかどうかで、この曲の評価がガラリと変わると思います。

普通にパソコンなどで再生しても聞こえてこない音なので、もし興味のある方はヘッドホンでお聞きになっていただければと思います。私はこの音だけをずっと聞いていたくなります。

そして私の大好きなハンドクラッピングです。私はハンドクラッピングが入っているだけで良い曲のように思うところがあって、この曲も最初ハンドクラッピングに反応して気づきました。

聞いたところ機械的に作り出したハンドクラッピングではなさそうで、安心しました。

ボーカルは先ほどオフホワイトと申し上げましたが、高音で突き抜けていない感じで慎ましいです。

もちろん高音が突き抜けている曲でも良い曲は沢山ありますが、アルバムを1枚通して聞くとペパーミントが入ったお菓子を食べ過ぎたみたいな感じがすることがあります。

まあこの曲自体が魅力がありますから、素材を普通に料理してくれるだけで充分ですからね。特にサビの部分がとてもすばらしいです。

原曲ではとてもかっこいい曲ですが、こちらは素朴でじんわりと沁みてきます。


お時間のある時にでも、以下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : レゲエ

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する