無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

Bunny Sigler 「Things Are Gonna Get Better」 (アルバム:That's How Long I'll be Loving Youより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Bunny Sigler 「Things Are Gonna Get Better」
■アーティスト名:Bunny Sigler
■アーティスト名カナ:バニー・シグラー
■曲名:Things Are Gonna Get Better
■曲名邦題:シングス・アー・ゴナ・ゲット・ベター
■アルバム名:That's How Long I'll be Loving You
■アルバム名邦題:ザッツ・ハウ・ロング・アイル・ビー・ラヴィング・ユー
■ジャンル:フィリーソウル
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
今回は1974年産のフィリーソウルからご紹介します。

フィリーソウルとはフィラデルフィア・ソウルのことで、アメリカのフィラデルフィアにあるシグマ・スタジオを拠点として作られた一連の都会派ソウル・ミュージックのことです。

特に特徴があるのは、シグマスタジオのハウスバンドであるMFSB(Mother Father Sister Brother)によるストリングスやホーンで、この曲でもイントロから特徴が出ています。

私はこのイントロを聞くといつも一瞬だけ小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」を思い出します。

当時のフィリーソウルは、ケニス・ギャンブルとリオン・ハフ(ギャンブル&ハフ)が中心となって運営されていたフィラデルフィア・インターナショナル・レコード(PIR)というレーベルが有名です。

今回ご紹介するバニー・シグラーはフィラデルフィアの地元出身です。RIP所属のアーティストというだけでなく、どちらかというと裏方で数々の良曲を提供してきた人です。

ジャケットではちょっと都会風な洗練された男性に見えますが、本来はもう少し野暮ったいというかおっさんっぽい人です。私の中ではこのジャケットだけが彼のイメージとは少し違っています。まるで奇跡の1枚みたいな感じです。

内容もとても若々しいサウンドです。ストリングスやホーンもいいけれど、私は特にボーカルが好きです。

よくソウルのボーカルでテナーとかバリントンとかいう言葉が使われていますが、テナーは高い声のことで、バリントンは低い声のことです。

テナーはコーラスではテノールと言われたりもします。映画「もののけ姫」の主題歌を歌った米良美一さんの声はカウンターテナーと呼ばれていますね。

ちょっとお勉強感が出てしまいましたので、軌道修正します。この曲ではバニー・シグラーのテナーが冴えわたっていると言いたかったのですね。

テナーはイノセントな曲に向いていますが、表現力が弱い人が歌うと表面的で薄っぺらな歌唱になってしまう場合があります。しかしこの人のテナーは少し苦みばしったところもあって、とても味わい深いです。

この曲でも彼のボーカルは弾けていますが、勢いだけではなくしっかり聞かせてくれます。

フィリーというとバリントンのボーカル曲が活躍しているイメージがある人もいるかもしれません。確かに主に高音域のストリングスやホーンとのバランスで考えるとバリントンの方が音域的にはいいかもしれませんが、彼のボーカルだったらそんなことは全然関係ありません。

曲は最初にストリングスでひと山つくってから、いきなりクライマックスのトニー・マコウレイ方式の曲です。バックのコーラスも最高ですね。

ちなみにフィリー・ソウルのアップテンポの曲をフィリー・ダンサーという言い方をしますが、この曲なんかはまさしくフィリーダンサーの代表曲だと思います。

気分が高揚する曲をぜひお楽しみください。


お時間のある時にでも、以下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : ソウルミュージック・R&B

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する