無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

Roger 「Play Your Guitar, Brother Roger」 (アルバム:The Saga Continuesより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Roger 「Play Your Guitar, Brother Roger」
■アーティスト名:Roger
■アーティスト名カナ:ロジャー
■曲名:Play Your Guitar, Brother Roger
■曲名邦題:プレイ・ユア・ギター、ブラザー・ロジャー
■アルバム名:The Saga Continues
■アルバム名邦題:サーガ
■ジャンル:ソウル
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here 
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
この人はZappというグループのリーダーです。

彼のギターは度々ジョージ・ベンソンみたいだと言われることが多いです。この曲でもおおよそその例えで合っていると思います。とにかくソウルフルです。フィーリングに溢れたギターに唸ります。

この曲はタイトル通り彼のギターに焦点が当てられています。そのはずですが、繰り返される女性コーラスの合間から時々聞こえてくるだけです。

いっそのことボーカル抜きで長い尺でソロを弾けよ思います。グループ名義である「ZappⅡ」の「A Touch of Jazz (Playin' Kinda Ruff Part II)」でもギターを披露していますが、そんなに長いギターソロはありません。ただ時々出てくるギターがいつも魅力的です。

この曲ではもどかしい思いをしながら、合間から聞こえてくるギターの輝きに耳を傾ける必要があります。細切れながら、色々なことを試してしています

わざとなのかジョージ・ベンソンにしか聞こえない部分があったり、おどける風なフレーズが満載ながらも、時々まともなソロも短いながらもあります。

そもそもZapp名義ではなくソロなんだから自分のギターを主役にしてもいいのに、ここでも主役は女性コーラスで、ギターは脇役です。

おそらく彼はグループ全体で表現するのが好きなのでしょう。自分が得意なギターもその一部に過ぎないと思っているのではないでしょうか。この曲もグループ全体での音楽を追求しています。だから曲としてもすばらしいです。

彼はカッティングギターの名手でもありますが、僕のギターソロはほんの少しでいいんだよと言いたいのかもしれません。

ここからは私の想像ですが、彼は他のメンバーからもっとギター前面をに出してもいいと言われて、それをネタにしてこの曲をつくったのではないかと。

だって曲名が「Play Your Guitar, Brother Roger」で、曲の中でもずっと女性コーラスが弾け弾けとあおっています。そこで、分かったよ弾けばいいんだろうみたいな感じで、小出しにしているという訳です。

こんなことではアントニオ猪木先生に怒られてしまいそうです。
「黙って弾けよ。弾けば分かるさ」と。
お後がよろしいようで、それでは~。

アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : ソウルミュージック・R&B

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する