無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

Quinteto Ternura 「Baby」 (アルバム:Quinteto Ternuraより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Quinteto Ternura 「Baby」
■アーティスト名:Quinteto Ternura
■アーティスト名カナ:キンテート・テルヌーラ
■曲名:Baby
■曲名邦題:ベイビー
■アルバム名:Quinteto Ternura
■アルバム名邦題:キンテート・テルヌーラ
■ジャンル:ブラジリアン・ポップ
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here 
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
この曲はカエターノ・ヴェローゾの曲ですね。ガル・コスタなど他にも多くの人がカバーしています。その中でも1位2位を争うぐらいすばらしいです。

このグループは男性3人女性2人組のグループです。うろ覚えですが、兄妹のメンバーもいたような気がします。

私はよく「テルヌーラ」だったか「テヌルーラ」だったか、分からなくなってしまいます。

ブラジルはソフトロックの名グループを色々と輩出している国で、この人たちとか、このグループの母体となったトリオ・テルヌーラとか、オズマール・ミリートとかトリステ・ジャネーロとか様々な人たちの名曲があります。

追々ご紹介させて頂くつもりですが、まずは名カバーと評判のこの曲からにしたいと思います。この曲が秀でているのは、気持ちよさをとことん追求しているところです。

まずはイントロのエレピが気持ち良いですね。その後伸びやかな女性ボーカルが始まり、サビではこれまた負けないぐらい伸びやかな男性ボーカルが受け継ぎます。エレピはその間もこの曲の基調となってバックで鳴っています。

その全てが心地よさに満ちています。この曲で鳴っている音全てが心地良ければ、全部心地よい。単純な勝利の方程式です。

この曲はクセがないことが最大の特徴です。クセがないことを肯定的にとららえるか否定的にとらえるかですが、ここでは明らかに成功しています。成功の半分は曲の良さにあると思います。

この曲がカバーが多いのは原曲がいいからですが、その原曲のメロディを活かそうとして、全員が献身的に1つの方向を向いているのがこの曲です。その献身性が成功の残りの半分だと思います。

よくジャズシンガーが定番曲をフェイクで歌っていますが、中にはあまりいじらないでほしいと思う曲もないではありません。中にはその人のフィルターを通すと自然にフェイクになってしまうような人もいます。ニーナ・シモンとかはそれが成功していると思いますが。

アーティスト性があると、原曲の良さをそのまま表現する時に妨げになることがあると思います。そういうアーティスト性は成功したら大きいけれど、時にエゴとか濁りとして曲に現れてしまうことがあります。

ところがこの曲はそういう濁りのようなものがありません。川に透き通るような水が流れているがごとしです。

最後の方で男性がファルセットで「愛している」と繰り返し歌っていますが、ささくれ立った気持ちになっている人を癒す力に満ち満ちています。

負の感情の裏打ちなしでここまで高みにいけるのだなと思いながら、いつも聞いています。

アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : ブラジル音楽

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する