無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

Mano Decio da Viola 「Saudade Do Passado」 (アルバム:Encontro com a Velha Guarda(すばらしきサンバの仲間たち)より)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Mano Decio da Viola 「Saudade Do Passado(懐かしいあのころ)」
■アーティスト名:Mano Decio da Viola
■アーティスト名カナ:マノ・デシオ・ダ・ヴィオーラ
■曲名:Saudade Do Passado
■曲名邦題:懐かしいあのころ
■アルバム名:Encontro com a Velha Guarda
■アルバム名邦題:すばらしきサンバの仲間たち
※オムニバス
■ジャンル:サンバ
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here 
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
このアルバムはサンバのオムニバスアルバムです。

この頃ブラジルではカーニバルに参加する為のサンバの組織「エスコーラ・ジ・サンバ」というものがありました。このアルバムは名門エスコーラの巨匠達、つまりサンバ界の渋川剛気みたいな人達が、それぞれ曲を持ち寄ってつくられたアルバムです。

この曲はインペリオ・セラーノというエスコーラ出身のマノ・デシオ・ダ・ヴィオーラの曲です。この人はギターの名手でこの曲でも軽快な演奏をしています。

とまあ最初に情報的なことを書きました。歴史的な意義についても書きたいことはもっと沢山あります。しかしまず聞いて欲しいと思います。

なぜこんなに瑞々しく、生命力に溢れているのか。

サンバというとマツケン・サンバとかカーニバルのド派手なサンバが有名かもしれませんが、ここで演奏されているのはもっと慎ましい音楽です。身近な仲間達で集まって憂さを晴らしとか単純に楽しむ為に演奏する。そういう日常生活に密着した音楽です。

このアルバムに収録されている曲はどれも、栄養価高く、プリミティヴで、悲しみを包み込む陽気さがあります。その土壌の豊かさにめまいがしそうです。

この土壌から若い世代が学んで、豊かな音楽をつくりだしています。ボサノヴァだってサンバのバリエーションですしね。

ボサノヴァの曲でもなんとかのサンバという曲が沢山ありますよね。みんなこういうサンバが大好きだったんです。ボサノヴァをつくりだした知的で若く美しい若者達が憧れて、少し背伸びをして聞いていた音楽です。

この当時ブラジルではサンバの歴史を作り上げてきた黒人のサンビスタが再評価されていましたが、それまで彼らは貧民街で不遇な時期を過ごしていた人が多いようです。参加している人はもう高齢の人ばかりです。

このアルバムに収録されている曲でも働くことに疲れたとか、ひもじいとかいうことも歌われていますが、同時に人生の美しさや楽しさについても歌われています。とても人間らしい感情に溢れています。

聞いていると、いろいろあっても人生はすばらしいのだという気にさせられます。

この曲は「Saudade Do Passado(懐かしいあのころ)」というタイトルで、文字通り昔を懐かしむという内容です。

確かに俺は昔の思い出に浸っているけれど、悲しみに取りつかれているわけじゃない。昔、俺は本物のサンバをやっていたんだ。要約するとそんな感じです。

いえいえ、今も本物のサンバをやっていますけどね。この曲を聞くとそう思いませんか。

アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : ブラジル音楽

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する