無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

The Avalanches 「Everyday」 (アルバム:Since I Left Youより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

The Avalanches 「Everyday」
■アーティスト名:The Avalanches
■アーティスト名カナ:アヴァランチーズ
■曲名:Everyday
■アルバム名:Since I Left You
■アルバム名邦題:シンス・アイ・レフト・ユー
■ジャンル:サンプリング・コラージュ
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here 
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
この曲は国内盤にだけボーナストラックとして入っている曲です。こんな曲を国内盤限定で入れられてしまうと、買う側としては大変です。なぜならおそらくはこのアルバムで一番良い曲だからです。

私は国内盤にはこだわりませんが、もし輸入盤を買ってこんな曲が国内盤だけに入っていることに気づいてしまったら、買い直したくなります。

オーストラリアのバンドの作品で、このアルバムはなんと全ての音源がサンプリングだけで構成されています。使われたサンプリングソースが900以上で、サンプリング・アートとか、サンプリングミュージックの金字塔などと言われています。

絶対に自分で演奏したり音をつくった方が早いと思います。だって音の選択だけでなく、つなぎ目をどう合わせるか調整したり、音源の使用許可を申請したり、気が遠くなる作業だと思います。きっとサンプリングだけでつくることにこだわりを持っているのでしょう。

クリエイティビティはもちろんですが、ガッツと勤勉さがないと生まれなかった音楽かもしれません。

ボーカルまでサンプリングという説もあるようですが、この曲はボーナストラックだからどうなんでしょう。さすがに違うのではないかと思うのは、私の想像力不足のせいでしょうか。

もう18年前の作品ですが、今だに古びていない感じは驚異的です。いまでもバリバリフロア映えする曲ですよね。少しラテンっぽい軽快なテイストがあるので、イビサ島あたりではきっとまだまだ現役な曲ではないでしょうか。

中心人物のロビー・チェイターはニール・ヤングとかザ・バンドとか普通のロックを聴いていたそうで、ビッグ・オーディオ・ダイナマイトやデ・ラ・ソウルの音楽に出会うことになって後にこういう音楽をつくるようになったそうです。

確かにこの曲には少し懐かしさと新しさが奇妙に同居していますよね。

曲はちょっとひしゃげたトランペットから始まります。音は少しローファイですね。エフェクトがかかったボーカルとバックの音の溶け合い方がすばらしいと思います。

基本的に疾走していて単調になりがちな曲ですが、様々な音が手を変え品を変え使われていて飽きさせません。フロアとヘッドホンどちらでもいけます。

少しためてから1:11のところでEverydayとボーカルが入ってくるところなどは相当かっこいいです。

歌詞は予想通り楽観的なものです。少し意味がとりにくいので超約すると、愛があれば大丈夫、余分なものは捨ててしまおうという感じですかね。

確かに寄せ集めの音源だけでここまでの音楽をつくるにはある種の楽天性が必要な気もします。

アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : クラブミュージック

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する