無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

Tim Burgess 「Only A Boy」「Say Yes」 (アルバム:I Believeより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Tim Burgess 「Only A Boy」「Say Yes」
■アーティスト名:Tim Burgess
■アーティスト名カナ:ティム・バージェス
■曲名:Only A Boy、Say Yes
■曲名邦題:オンリー・ア・ボーイ、セイ・イエス
■アルバム名:I Believe
■アルバム名邦題:アイ・ビリーヴ
■ジャンル:ポップ
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here 
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
今回はシャーラタンズのボーカルのソロアルバムからご紹介します。シャーラタンズとは全く違うタイプ音楽なので、聞いた人は驚くと思います。

アルバム全体にかなりポップです。ボーカルも心なしか明るい声ですかね。私はシャーラタンズも好きですが、これはこれでありです。

今回は2曲取り上げていますが、「Only A Boy」はイントロのドラムが軽快で、ギターもまるでネオアコかギターポップのような感じです。

歌は伸びやかでサビのところなどは突き抜けたような感じで、高音の声質に魅力を感じます。弾けてしまったカーティス・メイフィールドみたなファルセットのボーカルです。

もう1曲の「Say Yes」は何やらどこかの日本の曲みたいなタイトルですが、全然違う曲です。(当たり前か)

軽快なドラムの後に少し上げ気味のコーラスがあって、それから歌が始まります。ボーカルは誰かの声と重ねていますが、ここでの声もなかなかぞくぞくしますね。

ここでもイントロのドラムがこの曲の弾けた進行をリードしています。誰だろうと思ってクレジットを見てみました。

ドラムはAdam Marcelloという人で、おそらくLinus Of Hollywoodと一緒にバンドを組んだことがある人だと思います。このアルバムはLinus Of HollywoodであるKevin Dotsonがプロデュースしていますから。

ティム・バージェスは現在アメリカに住んでいるそうですから、アメリカでの人脈で作ったのでしょう。

他のクレジットも見たところ、どうもどちらの曲もシャーラタンズのメンバーが参加していません。バンドのデビューが1990年で、ティム・バージェスのソロデビューが2003年ですから、もうそろそろ気分を変えてやってみたかったのではないでしょうか。

シャーラタンズは結束が固いバンドですから、これで解散危機ということもなさそうです。実際にその後もバンド名義でいくつもアルバムを出していて、セールスもそれなりの水準を維持しています。

そのうちシャーラタンズの曲もご紹介しようと思いますが、まずはメンバーのこのアルバムからお聞きになってみてください。


お時間のある時にでも、以下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : 90年以降ロック・ポップス

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する