無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

奥田民生 「The STANDARD」 (アルバム:Eより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

奥田民生 「The STANDARD」
■アーティスト名:奥田民生
■曲名:The STANDARD
■アルバム名:E
■ジャンル:ロック
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here 
※上のリンクはライブ音源ですのでオリジナルではありません。
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
唯一無二の人ですね。

もちろん誰でもそうですが、この人は自然体で適当な感じでやっているにも関わらず、出てくる音楽に民生成分が濃厚で、それだけで満足させてくれる人です。

ギターリストでいえば手癖で弾いているだけですごい人の存在感と似ています。キース・リチャーズだって力を抜いて手癖で弾いているだけで、新しいアルバムが出ても新しい魅力なんて打ち出さないけれど、一生聞いていたいと思わせてくれますよね。

この人もそういう人です。まあそれが才能ってやつなんでしょう。

そんな彼がこの曲は珍しくテーマを持って取り組んだ作品です。万人に愛されるバラードをつくることをテーマにつくった曲のようです。また苦手なバラードにあえて取り組んだということがこの曲のWikipediaに書いてありました。

まるで意識高い系みたいですよね。たまには本気を出してやるよみたいな感じなんでしょうか。

結果、この曲はすばらしい出来になっています。

アコースティックギターで始まります。歌はどうしたのってぐらい一生懸命歌っています。「もうそれはそれとして、盛り上がる胸」と熱唱していていかにも民生らしいですが、その他では相手に対する一途な気持ちを歌っています。

出だしはいつもの普段着な感じですが、サビでは珍しくセンチメンタルな盛り上がり方をします。高いパートも難なくこなしていて、歌唱が安定していますね。あまり言われることはありませんが、歌がうまい人なんですよね。

少しは本気を出した感じは伝わってきますが、じみ出る成分はいつも通りで安心させてくれます。よれたジーンズが似合う民生ワールドは健在です。

作曲にアンディ・スターマーとの共作クレジットとなっていますが、ジェリーフィッシュ的要素はこの曲にありません。

上に動画リンクはライブ音源ですが、この曲の場合はその方が曲の良さが引き立ちます。アコギ一本で充分いけます。

この曲は名前通り、スタンダードナンバーとなりうるような歌い継がれる曲となっています。


お時間のある時にでも、以下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : 日本の音楽・JPOP

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する