無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

キリンジ 「愛のCoda」「スウィートソウル」 (アルバム:For Beautiful Human Lifeより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

キリンジ 「愛のCoda」「スウィートソウル」
■アーティスト名:キリンジ
■曲名:愛のCoda、スウィートソウル
■アルバム名:For Beautiful Human Life
■ジャンル:シティポップ
■リンク:この曲を聞いてみたい人は以下の曲名をクリック
愛のCoda」「スウィートソウル
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
キリンジは兄である堀込高樹と弟の堀込泰行によるグループです。

このアルバムは全ての曲がすばらしいアルバムです。日によって良いと思う曲が異なりますが、どの曲もすばらしいです。

理屈としてはそういうことはありえますが、実際にそういうアルバムはほとんどありません。このアルバムはそういう稀な一枚だと思います。

そのぐらい各曲が粒だっていて、しかも個性もあり、聞きやすさと深みを同居させています。

今回は無理やり2曲に絞り込みましたが、本当にこれでいいのかと言われたら自信がないと答えます。しかしどちらも良い曲であることは保証できます。

このアルバムは彼らの5枚目のアルバムですが、ソングライティングの妙を聞くアルバムです。

まず「愛のCoda」は堀込高樹の作曲です。シティポップというかシティソウルとでもいえそうな洗練されたサウンドの上で、堀込泰行のボーカルはすばらしい表現力を見せています。

特に高音の冴えはすばらしく、このメランコリックな曲を完璧にモノにしています。このメランコリーはアイズレーブラザーズのある種の洗練された曲と同等の最上級の品質があると思います。

歌詞は愛に生きる勇気もない無様な自分を笑えというような、大人の中二病とでもいえそうな自虐的な内容ですが、このメロディの上で歌われると胸に迫るものがあります。

完璧なゆえに破綻の予感が漂うといった風情の曲だと思います。

一方「スウィートソウル」はもう少し正統派のシティポップで、安定感があります。こちらは堀込泰行の作曲で、もっと安定感のある曲です。曲の出来が良く、良い曲を良いアレンジと良い歌唱で表現したら、やっぱり名曲になったという感じです。

こちらは幸せに満ちた曲です。歌詞は君がいれば何もいらないというような、今この瞬間についての歓喜の気持ちを歌っています。

今回ご紹介した曲は「愛のCoda」が5分半超え、「スウィートソウル」が6分超えと長い曲で、合わせて12分弱です。ただこれだけの質の高さがあればその長さも気になりません。

もしお時間のない方は、ゆっくりできる時間を12分確保してこの極上の音楽を味わって頂ければと思います。


お時間のある時にでも、以下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : 日本の音楽・JPOP

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する