無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

良い曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までを視聴できます。

 

Simon & Garfunkel 「The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)」「7 O'Clock News/Silent Night」 (アルバム:Parsley Sage Rosemary & Thymeより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Simon & Garfunkel 「The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)」「7 O'Clock News/Silent Night」
■アーティスト名:Simon & Garfunkel
■アーティスト名カナ:サイモン & ガーファンクル
■曲名:The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)、7 O'Clock News/Silent Night
■曲名邦題:59番街橋の歌 (フィーリン・グルーヴィー)、7時のニュース~きよしこの夜
■アルバム名:Parsley Sage Rosemary & Thyme
■アルバム名邦題:パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム
■ジャンル:フォークロック
■リンク:この曲を聞いてみたい人は以下の曲名をクリック
The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)」「7 O'Clock News/Silent Night
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
本日はクリスマスモードでお送り致します。

彼らについては改めてご紹介不要でしょうね。とは言っても一応簡単に触れておくと、ポール・サイモンとアート・ガーファンクルの2人からなるフォーク・デュオで、「サウンド・オブ・サイレンス」「明日に架ける橋」などの数多くのヒット曲があります。

59番街橋の歌 (フィーリン・グルーヴィー)はハーパース・ビザールなどソフトロック界隈でよくカバーされている曲です。他の人は「フィーリン・グルーヴィー」という曲名ですけどね。

この曲のドラムはジャズで1・2を争う有名曲「テイク・ファイブ」などで有名なデイヴ・ブルーベック・カルテットのジョー・モレロです。ベースも同じカルテットのユージン・ライトです。

ユージン・ライトはともかく、確かにドラムはどこをどう聞いてもジョー・モレロのドラムです。ジャズリスナーの方は思わず笑ってしまうと思います。

この曲は曲名通りグルーヴィーなフォークロックです。変拍子でもスイングしてしまうジョー・モレロの手にかかったら、かわいらしいこの曲だってグルーヴしてしまいます。

ちなみに59番街橋とはクイーンズボロ橋のことで、想像していたよりも立派な橋でした。どんな橋か興味のある人は→ Click Here 

この曲の歌詞は、君はせかせかしすぎるね。ペースを落とそうじゃないか。ほら、グルーヴィーな気分になるだろうという感じの内容です。

師走の忙しい時期ですが、たまにはペースを落として自分の中に眠っているグルーヴィーな感覚を見つけてみてはいかがでしょうか。

もう1曲の「7時のニュース~きよしこの夜」は皆さんご存知の「きよしこの夜」がベースとなっている曲です。

そのコーラスをバックにCBSのニュース番組のアンカーマンであるウォルター・クロンカイトがニュースを読んでいる音声が流れています。

ニュースの内容は、ベトナム戦争関連のニュースやマーティン・ルーサー・キング師が行う予定のデモ、レニー・ブルースというコメディアンの死などあまり脈絡がありません。

これは実際のニュース音声ではなく、この曲の為に朗読したもののようですが、ちょっと粋な演出となっています。

彼らの意図は正確には判りませんが、私なりに解釈すると、とかく世の中は騒がしく様々なニュースで満ち溢れているけれど、クリスマスの今夜だけは静かな夜を過ごしてほしいと言いたいように思います。

このアルバムの発売は1966年10月24日のようですので、クリスマスを意識して製作されたのでしょうね。

ニュース音声は最初は小さな音量ですが、次第に音量が大きくなっていって、曲の最後では「7時のニュースでした。おやすみなさい」という言葉で締めくくられています。

皆様におかれましても、良いクリスマスをお過ごしくださいませ。


お時間のある時にでも、以下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
アーティスト名ABC順索引へ
ジャンル別索引へ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : 古き良きロック・ポップス

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する