無人島の1枚を探すブログ Hank Mobley & Lee Morgan 「Speak Low」 (アルバム:Peckin' Time)

無人島の1曲を見つける目的に特化した音楽ブログ。洋楽、邦楽、有名曲、隠れ名曲等、聴く価値のある曲だけをおすすめ!

Home > ジャズ・フュージョン > Hank Mobley & Lee Morgan 「Speak Low」 (アルバム:Peckin' Time)
 

Hank Mobley & Lee Morgan 「Speak Low」 (アルバム:Peckin' Time)



今回はハンク・モブレイ&リー・モーガン「スピーク・ロウ」(Album『ペッキン・タイム』)をご紹介します。

もっさりしたテナーサックスと小粋なピアノの対比が楽しい


本日の☆おすすめ
■アーティスト名:Hank Mobley & Lee Morgan
■アーティスト名カナ:ハンク・モブレイ&リー・モーガン
■曲名:Speak Low
■曲名邦題:スピーク・ロウ
■アルバム名:Peckin' Time
■アルバム名邦題:ペッキン・タイム
------------------------------
■音楽ジャンル:ハードバップジャズ
■期待効果:気分が良くなります

この曲を聞いてみたい!
Hank Mobley & Lee Morgan「Speak Low」
クリックすると動画サイトで視聴できます★Click Song Title★

他の名曲もチェックしたい!
アーティスト名 ABC順リスト
ジャケット近代美術館
無人島の一枚を見つける8つの方法

Click Here to learn how to translate into other languages

当ブログでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!

スポンサーリンク


ハンク・モブレイ&リー・モーガン「スピーク・ロウ」Album『ペッキン・タイム』ディスクレビュー


こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールはこちら

今回は典型的なハードバップ・ジャズをご紹介します。

ハンク・モブレイは典型的なハードバップのテナーサックス奏者です。記事を書く前にAmazonのレビューを読んだら「テナーのミドル級チャンピオン」と呼ばれているというレビューがありました。

確かにジャズ関係の本では度々そういう呼ばれ方をしています。

普段ジャズを聞いていない人には分かりにくいかもしれませんが、要するにヘビー級のテナーではないという意味です。

良くも悪くも迫力に欠けるしフレーズにも重量感がありません。驚くようなクリエイティビティを発揮するのは稀ですし、そもそも雄弁なタイプでもありません。

スタートダッシュで一気に自分の魅力を伝えられるジョニー・グリフィン(Johnny Griffin)みたいな人とは違います。

そもそもチャンピオンという言い方自体が馴染まない人かもしれません。しかしそれでもいいという人もいます。私もその1人です。

例えば1:02のところでモブレイが少しよたった感じで入ってくるところから聞いてみて頂きたいと思います。

その後のフレーズもそれほど想像力溢れる演奏ではありませんが、なんとなく居心地がよく聞かせてしまいます。それがこの人の持ち味です。

だから5秒とか10秒とかそういう時間内では良さが分かりにくい人です。良さを理解するには、ある程度の時間を聞いてから時間差があって良さが分かる人です。即効性はありません。

しかしソロが終ってから今の演奏はなかなか味があったなということを繰り返している内に深みにはまります。

少し寅さん的なシャイさも感じられるところもこの人の持ち味かもしれません。

だからキャラの強い人がいたら割りを食いやすいです。まあ割を食うのもある意味この人の持ち味なんじゃないでしょうか。

割りを食わせている側では、まずウィントン・ケリー(Wynton Kelly)のピアノが秀逸です。

この人はモブレイとは正反対にどんな短い時間でも自分の良さを伝えられる人です。たとえばイントロのピアノなんかはその一例でしょう。なんとも小粋だと思いませんか

この人の良さはバッキングに回った時にも脇役を演じられることです。

この曲でもピアノだけに注目してトランペットやテナーの演奏を聞くと、裏で実にいろいろな方法でサポートしているのが分かると思います。

そしてソロでの演奏もすばらしいです。3:14からピアノのソロに入りますが、ここでも最初の数秒ですばらしい演奏と確信できます。

実際この曲の一番の聞きどころはウィントン・ケリーのソロパートだと思います。

シングルトーンを主体にした演奏は端正で小気味よく小粋で、この人の良さが凝縮した演奏だと思います。

そしてもう1人忘れてならないのは曲のテーマ(曲のメインとなるメロディのこと)を吹くトランペットのリー・モーガン(Lee Morgan)です。

良いメロディを与えて朗々と吹かせたら、この人の右に出る人はいないと思います。

この曲はジャズでは取り上げる人が多い有名曲で、私も大好きな曲ですが、テーマの解釈でこれ以上のものはあるだろうかと思うぐらいです。

この人についてはいずれまた詳しく触れたいと思います。

リー・モーガンやウイントン・ケリーのといったとびっきりの名手の演奏の合間で、ハンク・モブレイは少しもっさりした演奏をしていて、時々注目されることもあるといった感じです。

もしかしたらそれはそれでおいしい立ち位置なのかもしれません。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


ペッキン・タイム+3




★無人島の1枚を探すブログの楽屋裏から★


このブログでは何万枚ものレコードやCDを聞き倒してきた私が、聞かずに死ねるか!と思う名盤名曲だけをおすすめしています。

オ-ルタイム/オールジャンルで、洋楽、邦楽問わず、定番、隠れ名曲、私的な心の名曲ランキングの高い曲を取り上げています。

ほんの数分足を止めて聞いていただくだけで、毎日の生活が少し楽しくなる曲が見つかるかもしれません。

空き時間で気軽に曲をチェックできるよう、以下のページをお気に入りに登録してみてはいかがでしょうか。

・今の気分とキャッチフレーズから探す

・テーマと生活シーンから探す
・自分の好きな曲と似た感じの曲を見つける
・ある曲を原曲やカバー曲と比較する
・とりあえず何か曲を聞いてみる
・ジャンル別索引
・トップページに戻る

お気に入りの曲が見つかったら、下のボタンを押してシェアしてみてください!
関連記事
スポンサーリンク

* Category : ジャズ・フュージョン

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence