無人島の1枚を探すブログ The Go-Betweens 「Bachelor Kisses」 (アルバム:1978-1990より)

無人島の1曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲まで厳選してご紹介。

Home > 古き良きロック・ポップス > The Go-Betweens 「Bachelor Kisses」 (アルバム:1978-1990より)
 

The Go-Betweens 「Bachelor Kisses」 (アルバム:1978-1990より)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

The Go-Betweens 「Bachelor Kisses」
■アーティスト名:The Go-Betweens
■アーティスト名カナ:ゴー・ビトウィーンズ
■曲名:Bachelor Kisses
■曲名邦題:バチェラー・キッシーズ
■アルバム名:1978-1990
■ジャンル:ネオアコ
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
これは1984年に発表されたネオアコ・クラシックともいえる曲です。

その昔ネオアコ名盤としてよく話題にされていたこのベスト盤で、多くのネオアコ好きがこの曲に出会ったものです。私もその後オリジナルアルバム単位でも買いましたが、このアルバムばかり聞いてしまいます。

このアルバムは1枚目はいわゆるベスト盤ですが、2枚目は各メンバーおすすめのアルバム曲や未発表曲、B面曲集です。やはり1枚目の方が出来は良いと思いますが、2枚目もそれほど質が落ちていません。ここにも収録されていない曲でも、まだまだ良い曲があります。

このバンドはアズテック・カメラなどに比べるといまいち評価されていない気もしますが、オリジナルメンバーであるロバート・フォスターとグラント・マクレナンの安定したソングライティング能力に支えられた楽曲の魅力を、いま一度再確認してもいいのではないかと思います。

このバンドはオーストラリア出身です。私の中ではオーストラリアといえばゴー・ビトウィーンズで、カナダといえばスローンです。

中でもこの曲は彼らの代名詞的な曲になっています。

この曲はイントロでは名曲の気配がありません。しかし何やら含蓄のある歌いだしで、ちょっと待てよとなります。

経験からくるカンですが、こういう意味深で含蓄があるメロディは才能のあるソングライター特有のものです。きっちり聞かせるサビへの伏線かなと期待してしまいます。

演奏はサビの背後で鳴っているギターのアルペジオが美しいですね。あとタンバリンだと思うのですが、サビでシャッフルするところがあって、とてもいい感じです。

そしてやはりこの曲の聞きどころはサビです。ここの女性コーラスがなんとも神々しいです。この曲に華やかさと神々しさを付け加えていて、特別な曲のレベルまで押し上げています。

卓越したソングライティングによる楽曲を、女性コーラスを効果的に使うことによってワンランク段階引き上げるのは、プリファブ・スプラウトにも見られる手法です。

最後にこのCDのブックレットにこの曲ができた背景が書いてありましたが、とても面白かったので引用します。グラント・マクレナンのコメントみたいです。

クリスマスの休日をニューヨークで過ごし、帰ってきたところだった。途中、どこかで、レコード会社も失くしていた。イギリスへの入国も拒否され、入国審査でこの曲を書き上げた。最初に聞かせたのは妹。「マリアンヌ・フェイスフルに歌わせたいわ」妹はそう言った。
ALCB-416/417より引用


妹のコメントいいですね。私も同感です。この曲は初期のマリアンヌ・フェイスフルに歌ってもらいたいです。


お時間のある時、下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
・アーティスト名ABC順索引
・ジャンル別索引
・気分とキャッチフレーズから探す
・似た雰囲気の曲から探す
・同じ曲を比較してみる
・ジャケットを眺めて楽しむ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : 古き良きロック・ポップス

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence