無人島の1枚を探すブログ Lambert & Nuttycombe 「Morning」 (アルバム:At Homeより)

無人島の1曲を見つける目的に特化したブログです。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲まで厳選してご紹介。

Home > 古き良きロック・ポップス > Lambert & Nuttycombe 「Morning」 (アルバム:At Homeより)
 

Lambert & Nuttycombe 「Morning」 (アルバム:At Homeより)


上のジャケットをクリックすると、Amazonのサイトが開きます。
このアルバムについてもっと情報を知りたい方は、クリックしてみてください。
Click Here to learn how to translate into other languages

Lambert & Nuttycombe 「Morning」
■アーティスト名:Lambert & Nuttycombe
■アーティスト名カナ:ランバート&ナッティカム
■曲名:Morning
■曲名邦題:モーニング
■アルバム名:At Home
■アルバム名邦題:アット・ホーム
■ジャンル:フォーク
■リンク:この曲を聞いてみたい人は→ Click Here
※もしよかったら聞いた後、下のコメントも読んで頂ければうれしいです!

■コメント:
今回は素朴で沁み込む曲を取り上げます。

よくヘロンのような田舎が似合う控えめで華やいだ雰囲気を持ったフォークミュージックに対して「木漏れ日フォーク」という言い方をする場合があります。

このデュオはアメリカ出身ですが、私の中ではこの人たちも同じカテゴリーです。イギリス代表がヘロン、アメリカ代表がこの人たちという感じです。

メンバーはデニス・ランバートとクレイグ・ナッティカムの2人で、このアルバムは当時サンフランシスコで共同生活していた家で録音された、いわゆるホームレコーディングの作品です。

このアルバムはギターと歌声だけというとてもシンプルな作品です。

そのシンプルさがいいじゃないかという言い方もあるかもしれませんが、ギターと歌声だけでいい音楽なんてそう多くありません。多くの場合、アコースティックでシンプルなサウンドというだけで味わい深いなんてこともなくて退屈してしまうものです。

私も基本的には適切にアレンジされていたり、サウンドに色々な工夫を盛り込んだ音楽の方が楽しめると思っています。

しかし数は少ないけれど、例外があります。それがこのアルバムでありこの曲です。

実際この曲を聞くと目の前で2人がギターを爪弾いて歌っているような気がしないでしょうか。そういう親密な空気感があります。

このアルバムはあのカーペンターズなどで知られるA&Mレコードから発売されています。彼らがハーブ・アルパートとジェリー・モスの目の前で演奏したところ、2人はいたく感銘を受けて契約を申し出たそうです。

このアルバムでも最初様々な楽器を入れていたそうですが、結局はギター以外の楽器を入れる必要がないという判断に至ったようです。もし他の楽器を入れても、おそらくすばらしい作品となったでしょう。

しかし余分な手間を加えないという英断を賞賛したいと思います。

この曲で流れているようなゆっくりとした時間、こじんまりとしているけれどとても親密な空気、小確幸を醸成する雰囲気、そういうものは余分な手間をかけてしまうと失われてしまうはかなげな栄養素に似ています。

聞きどころは2人のイノセントなコーラスと、柔らかに添えられているワルツのリズムを刻むギターです。生野菜の甘みような人懐こいところがあります。

このアルバムは全体としてとてもすばらしいです。中には憂鬱を抑えたニック・ドレイクといった風情の曲もあって、素朴な味わいの割りに多様な味わいを内包しています。

内気な人が素通りできない音楽がここにあります。


お時間のある時、下のリンクから他の曲もチェックしてみてください!
・アーティスト名ABC順索引
・ジャンル別索引
・気分とキャッチフレーズから探す
・似た雰囲気の曲から探す
・同じ曲を比較してみる
・ジャケットを眺めて楽しむ
関連記事

スポンサーリンク

* Category : 古き良きロック・ポップス

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence