無人島の1枚を探すブログ Michael Ruff 「More Than You'll Ever Know」 (アルバム:Once in a Lifetime)

無人島の1曲を見つける目的に特化した音楽ブログ。洋楽、邦楽、有名曲、隠れ名曲等、聴く価値のある曲だけをおすすめ!

Home > 古き良きロック・ポップス > Michael Ruff 「More Than You'll Ever Know」 (アルバム:Once in a Lifetime)
 

Michael Ruff 「More Than You'll Ever Know」 (アルバム:Once in a Lifetime)



今回はマイケル・ラフ「熱い想い」(Album『シティ・ウォーキン』)をご紹介します。

切々と思いを歌うボーカルに心が打たれるバラードです!


本日の☆おすすめ
■アーティスト名:Michael Ruff
■アーティスト名カナ:マイケル・ラフ
■曲名:More Than You'll Ever Know
■曲名邦題:熱い想い
■アルバム名:Once in a Lifetime
■アルバム名邦題:シティ・ウォーキン
------------------------------
■音楽ジャンル:AOR
■期待効果:気持ちが盛り上がります

この曲を聞いてみたい!
Michael Ruff「More Than You'll Ever Know」
クリックすると動画サイトで視聴できます★Click Song Title★

他の名曲もチェックしたい!
アーティスト名 ABC順リスト
ジャケット近代美術館
無人島の一枚を見つける8つの方法

Click Here to learn how to translate into other languages

当ブログでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!

スポンサーリンク


マイケル・ラフ「熱い想い」Album『シティ・ウォーキン』ディスクレビュー


経歴と曲の解説


こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールはこちら

今回はAOR屈指のバラードを取り上げます。

少し前にAOR系の人は裏方ソングライターの出身が多いみたいなことを書きましたが、この人なんかはまさしくそういう人です。

この人が曲を提供したり関わった人を挙げておきましょう。

ライオネル・リッチー(Lionel Richie)
スティーヴィー・ニックス(Stevie Nicks)
ジノ・ヴァネリ(Gino Vannelli)
ヒューイ・ルイス(Huey Lewis)
ケニー・ロギンス(Kenny Loggins)
チャカ・カーン(Chaka Khan)
ボニー・レイット(Bonnie Raitt)
リッキー・リー・ジョーンズ(Rickie Lee Jones)

音楽に詳しい人なら、なんとなく活躍した時期と作風に当たりがつくのではないでしょうか。

彼はバークリー音楽大学でピアノを学び、上記で挙げたような商業ソングライターとして実績を残し、このアルバム発売時はまだ24歳だったようです。

おそらく楽器も出来て、良い曲を書ける彼は重宝されたでしょう。

しかし一方でDiscogsで確認したところ、自分のアルバムも10枚ほど出しています。

一般的には多くの人が裏方のソングライターとして認識しているけれど、自分でも充分勝負できることはこの曲が証明しています。

このアルバムのプロデュースがトニー・リピューマ(Tommy Lipuma)のせいか、曲調や歌が少しマイケル・フランクス(Michael Franks)っぽいところを感じなくもありません。

そういう意味で決して個性で圧倒するタイプの人ではありません。

ボーカルの線は細いのですが、不思議な表現力があります。地味だけどじんわりくる、胸がしめつけられるところがある、そこに彼の強みがあります。

トニー・リピューマのプロデュースやスティーヴ・ガッド(Steve Gadd)をはじめとしたバックの演奏に、この曲の強みを見出そうと再度聞いてみましたが、正直悪くない程度だと思います。

それよりもとにかく彼のナイーヴなボーカルが最大の聞きどころで、そこにこの曲の魅力が尽きるように思います。

歌詞は「熱い想い」という邦題のとおりで、相手の人に対する熱い思いを歌っているだけです。

歌詞は特別興味深いという訳ではありませんが、女性の立場で聞くと違うかもしれません。



ジャケットのナイキ(Nike)のスニーカーについて


しかしジャケットがいいですね。なぜ足元だけなんだろうといつも思いますが、ひょっとするとスニーカーを強調したかったのかもしれません。

よく見るとナイキのスニーカーを履いています。

今では誰もがスニーカーを履くのが当たり前のように思えるかもしれませんが、スニーカーが流行り始めたのは1970年代後半で、このアルバムが発売された頃は市場が急成長していて、ナイキも積極的に広告戦略を展開していた頃です。

このアルバムも広告戦略の一環だったかもしれません。まあとてもいいジャケットですし、こういう風に商業的なところと親和性が高いこと自体は悪いことではありません。

ちなみにあのマンガの「ドラゴンボール」がジャンプで連載を開始したのも、このアルバムの発売と同じ1984年です。

スニーカーやこの曲が意外と古びていないことも併せて考えると、今日の文化的な流れの源流が1984年あたりなのかもしれないと思ったりもします。

古びたとしたら「シティ・ウォーキン」というアルバム名と「熱い想い」という曲の邦題ぐらいです。

アルバム名は原題を直訳したら「人生に1度だけ」です。その方がグッとくると思いますけどね。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


シティ・ウォーキン




★無人島の1枚を探すブログの楽屋裏から★


このブログでは何万枚ものレコードやCDを聞き倒してきた私が、聞かずに死ねるか!と思う名盤名曲だけをおすすめしています。

オ-ルタイム/オールジャンルで、洋楽、邦楽問わず、定番、隠れ名曲、私的な心の名曲ランキングの高い曲を取り上げています。

ほんの数分足を止めて聞いていただくだけで、毎日の生活が少し楽しくなる曲が見つかるかもしれません。

空き時間で気軽に曲をチェックできるよう、以下のページをお気に入りに登録してみてはいかがでしょうか。

・今の気分とキャッチフレーズから探す

・テーマと生活シーンから探す
・自分の好きな曲と似た感じの曲を見つける
・ある曲を原曲やカバー曲と比較する
・とりあえず何か曲を聞いてみる
・ジャンル別索引
・トップページに戻る

お気に入りの曲が見つかったら、下のボタンを押してシェアしてみてください!
関連記事
スポンサーリンク

* Category : 古き良きロック・ポップス

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence