無人島の1枚を探すブログ Richard Hell & the Voidoids 「All the Way」 (アルバム:Blank Generation)

無人島の1曲を見つける目的に特化した音楽ブログ。洋楽、邦楽、有名曲、隠れ名曲など、厳選された名曲を視聴できます!

Home > 古き良きロック・ポップス > Richard Hell & the Voidoids 「All the Way」 (アルバム:Blank Generation)
 

Richard Hell & the Voidoids 「All the Way」 (アルバム:Blank Generation)



今回はリチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズ「オール・ザ・ウェイ」(Album『ブランク・ジェネレーション』)をご紹介します。

ヨレヨレだけどロマンティックな不思議な魅力を持った曲


本日のおすすめ!(Today's Selection)
■アーティスト名:Richard Hell & the Voidoids
■アーティスト名カナ:リチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズ
■曲名:All the Way
■曲名邦題: オール・ザ・ウェイ
■アルバム名:Blank Generation
■アルバム名邦題:ブランク・ジェネレーション
------------------------------
■音楽ジャンル:ロック
■期待効果:ほっと一息つけます

曲を聞いてみたい!(Click to Listen)
Richard Hell & the Voidoids「All the Way」
※Today's Desert Island Disc

他の曲を探したい!(Other Songs)
アーティスト名ABC順リスト(Artists ABC)
ジャケット近代美術館(Album Covers)
無人島の一枚を見つける8つの方法

当ブログでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!

スポンサーリンク


リチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズ「オール・ザ・ウェイ」Album『ブランク・ジェネレーション』ディスクレビュー


プロフィール、アルバムと曲のデータについて


こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールはこちら
前回はテンション高めの曲を取り上げたので、今回は少しリラックスできる曲を取り上げます。

ご存知の方はリチャード・ヘルってパンクの人でしょと思うかもしれません。確かに破れかぶれな曲が多い人ですが、この曲はアルバムの最後に入っているほっと一息つける曲です。

パンクの人って、時々なぜかロマンティックな曲をやることがあるんですよね。

私は昔からそういう曲が好きで、他にはクラッシュ(The Clash)の『コンバット・ロック(Combat Rock)』に入っている「デス・イズ・ア・スター(Death is a Star)」とかも好きです。

それはともかく、この人はセックス・ピストルズ(Sex Pistols)にパンクのファッションの影響を与えたことで有名な人です。

髪の毛を逆立てたり、わざと切ったTシャツを安全ピンで留めたりとか、挑発的な言動とかのパンクのイメージ形成にとても影響を与えた人です。

パンクの人はライブでよく上半身裸になって演奏する人がいますが、それもこの人発かもしれないと私はにらんでいます。

この人はベーシストですが、はっきり言って下手です。音楽的にも素人みたいのでいいというパンクの価値感がなければバンドに採用される人ではありません。

ただこの人の凄さは、下手なんだけどそれで良しと納得させられるところです。

音楽はいうまでもなく、演奏や歌がうまい人が良いミュージシャンということになると思います。しかしこの人はその価値感をひっくり返したようなところがあります。

やりたいことが優先で、技術的には下手でもかまわない。実際に言葉でそう言っていたのかは分かりませんが、音楽ではそう言っています。

この人は元々テレヴィジョン(Television)というバンドでベースを担当していました。

テレヴィジョンの「マーキー・ムーン(Marquee Moon)」のベースは下手ではない、むしろ上手いのではないかと思った人もいると思います。

そのアルバムの頃にリチャード・ヘルはバンドをクビになっていて、後任のフレッド・スミス(Fred "Sonic" Smith)があのすばらしい演奏をしていたのですね。

私はそれを知らなくて、リチャード・ヘルってベースもなかなかいいよみたいなことを言って恥をかいたことがあります。

それはともかく、その後この人はジョニー・サンダース(Johnny Thunders)らとハートブレイカーズ(Heartbreakers)を結成、しかしまた脱退して自分のバンドであるヴォイドイズを結成したというめまぐるしい経歴を辿ります。

テレヴィジョンを脱退したのが1975年で、ヴォイドイズを結成したのが1977年ですから、なかなか落ち着かない人です。

しかしようやく自分中心のバンドで出したこのアルバムは傑作と呼ばれ、今も多くの人に影響を与えています。

どこがいいのか聞かれると答えに困るところがあります。事実私も手放したことがあって、しかしまた聞きたくなって買いなおしました。

久しぶりに聞くと比較的ポップなところも感じられますが、私が一度手放してからまた売らなかったのは、この曲を見つけたからです。

この人は一言でいうとヘタウマな人です。ヘタウマって、マンガとかでもよく言われますが、技術的には下手ということですよね。

しかしそれを逆手にとって味わいがあると思わせたり、内容が面白いから許せてしまうというものだと思います。

この人の音楽もそういうところがあります。



この曲のどこがすばらしいのか


この曲はまずロバート・クワイン(Robert Quine)のギターがすばらしいですよね。

この人についてはいずれしっかりと言及したいので、ここでもすばらしい演奏をしているということだけ触れたいと思います。

クリアーなトーンが曲に合っています。

しかしリチャード・ヘルのボーカルはやっぱり下手ですよね。エドウィン・コリンズ(Edwyn Collins)をもっと下手にしたようなボーカルです。

他の曲ではとげとげしい彼がこの曲ではロマンティックに歌っていますが、それが思いのほか味わい深いです。ヨレヨレだけどロマンティック、まさにヘタウマな魅力がある人です。

演奏や歌がうまい人は確かにすばらしいと思うけれど、違う人がそっくりそのまま真似てしまえば、その人だけの持ち味ではなくなってしまいます。

しかしここでの彼の味わいは、あまり真似られる類のものではないように思われるのですね。一言で言えば、センスとしか言いようがない何かがあるような気がします。

彼は元々詩人を志していたようですが、反逆児のように振舞う一方で、このようなロマンティックな一面を隠し持っていたのでしょう。

この音楽は時代や偶然の産物みたいなところがあって、私は彼の音楽的なキャリアが長く続かなかった理由がなんとなく分かるような気がします。

しかし彼が示した可能性が、後々になってロックという音楽を延命させたくれたように思います。

なんでもない曲と感じるかもしれませんが、私にとって不思議な魅力のある曲です。

この曲ではチェット・ベイカー(Chet Baker)のパンク版みたいだと言ったら、チェット・ベイカーファンに怒られるかもしれませんけどね。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


Blank Generation (40th Anniversary Deluxe Edition)




★無人島の1枚を探すブログの楽屋裏から★


このブログでは何万枚ものレコードやCDを聞き倒してきた私が、聞かずに死ねるか!と思う名盤名曲だけをおすすめしています。

オ-ルタイム/オールジャンルで、洋楽、邦楽問わず、定番、隠れ名曲、私的な心の名曲ランキングの高い曲を取り上げています。

ほんの数分足を止めて聞いていただくだけで、毎日の生活が少し楽しくなる曲が見つかるかもしれません。

空き時間で気軽に曲をチェックできるよう、以下のページをお気に入りに登録してみてはいかがでしょうか。

・今の気分とキャッチフレーズから探す

・テーマと生活シーンから探す
・自分の好きな曲と似た感じの曲を見つける
・ある曲を原曲やカバー曲と比較する
・とりあえず何か曲を聞いてみる
・ジャンル別索引
・トップページに戻る

お気に入りの曲が見つかったら、下のボタンを押してシェアしてみてください!
関連記事
スポンサーリンク

* Category : 古き良きロック・ポップス

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence