無人島の1枚を探すブログ The Association 「Windy」 (アルバム:Insight Out)

無人島の1曲を見つける目的に特化したブログ。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までご紹介。

Home > 古き良きロック・ポップス > The Association 「Windy」 (アルバム:Insight Out)
 

The Association 「Windy」 (アルバム:Insight Out)



今回はアソシエイション「ウィンディ」(Album『ウィンディ』)をご紹介します。

奇跡的な組み合わせの結果生まれたポップの箱庭


本日の☆おすすめ
■アーティスト名:The Association
■アーティスト名カナ:アソシエイション
■曲名:Windy
■曲名邦題:ウィンディ
■アルバム名:Insight Out
■アルバム名邦題:ウィンディ
------------------------------
■音楽ジャンル:ソフトロック
■期待効果:楽しい気分になります

この曲を聞いてみたい!
The Association「Windy」
曲名をクリックすると動画サイトで視聴できます★Click Song Title★

他の名曲もチェックしたい!
無人島の一枚を見つける8つの方法
アーティスト名ABC順 索引

Click Here to learn how to translate into other languages

アソシエイション「ウィンディ」Album『ウィンディ』レビュー


今回はソフトロックを取り上げます。

このブログを始めてから、自分は割とこじんまりとした音楽が好きなのかなと思うことがあります。これまで取り上げた曲を見た方は意外とソフトロックが多めだと思うかもしれません。

ソフトロックは基本的にこじんまりとした曲ばかりです。普段から曲の紹介文を読む時にも、スケールが大きいとかダイナミックとか、そういう売り文句にあまり惹かれないところがあります。

もちろんそういうものにもにも好きなものが沢山あります。ただ曲のちょっとした良さを発見しては喜々とするような私の聞き方は、結果としてこじんまりした曲を評価しやすい傾向があるのではなないかと思わないでもありません。

ただ当たり前ですが、こじんまりしていればいいというものではありません。こじんまりしていてもいいから、趣味の良い箱庭であってほしいと思っています。

今回ご紹介する曲は、スケールが小さくこじんまりとした曲です。ただしこじんまり曲の中でチャンピオン的な立ち位置の曲です。なにせ全米1位を獲得した曲ですからね。

アソシエーションはファーストアルバムがヒットして、そのヒットに貢献したプロデューサーのカート・ベッチャーをクビにしたのは大きな冒険だったと思います。

その次に出された「Renaissance」は売れませんでしたから、それで終わってしまっていたら、失敗だったということになったと思います。

彼らにとって3作目ではどうしてもヒットが必要な状況でした。そこで勝負をかけたこの曲がヒットチャート1位を記録して、彼らは地位を確立しました。

勝因は新しいプロデューサーのボーンズ・ハウとの相性が良かったことです。ここで一旦流れをまとめてみましょう。

1作目 大ヒット →しかしプロデューサーをクビにした
2作目 自分たちに近いプロデューサーを起用したが低迷
3作目 ボーンズ・ハウとの出会いで大ヒット

ボーンズ・ハウはフィフス・ディメンションやママス&ザ・パパスなどの仕事で有名な人です。どちらも多彩なコーラスワークが特徴のバンドです。その点でアソシエーションに最適な人だったと思います。

ボーンズ・ハウの起用は彼らにとって大きな変化をもたらしました。それは彼らの良さを発揮できるフォーマットをつくったことです。

具体的にどういうことか。まずこれまで通りコーラスの良さは活かす。これはボーンズ・ハウにとってお手の物です。

そしてポップな楽曲を採用する。アソシエーションは元々フォークの流れから出てきた人達なので、キャッチーとかポップであることにあまり前向きではない場合があります。フォーク出身の人は商業主義的なものに批判的な人が多いですからね。

売れなかった前作では、自分たちに近い資質を持つジェリー・イエスターをプロデューサーに起用して、自分たちの思うようなサウンドをつくりました。

趣味の良いところをところどころに垣間見せてくれましたが、全体として地味でくすんでいる楽曲が多かったと思います。

つまり彼ら自身の資質に素直になると売れません。誰かが足りないところを補ってあげないといけない状況でした。

そして3作目ボーンズ・ハウがプロデューサーになると、ポップな楽曲を全面に押し出すようになります。もちろんヒットを望んでいたバンド側の意向もあるでしょう。その結果先に述べたとおり大成功となります。

その一番の成果がこの曲ともう1つのヒット曲「ネヴァー・マイ・ラヴ(Never My Love)」です。

そしてボーンズ・ハウのプロデュースによってポップな楽曲を強調した以外に変わった点がもう一つあります。弾むようなリズムを導入したことです。

このアルバムからリズム少し強調した軽快な曲が増えてきます。この箱庭的な曲に命を吹き込んでいるのはドラムの演奏です。少し軽めの音ではありますが、ドラムがこの曲の推進力になっています。

さて曲を聞いていきましょう。

まずイントロはロジャー・ニコルスで聞いたことがあるようなベースの音から始まります。その後はドラムがシンプルに刻んできます。非常に前向きなドラムの音です。

ちなみに次のブログの記事によると、バックの演奏を担当しているのは「ダンヒル・リズム・セクション」なんだそうです。

Association 「Insight Out」 (1967) 音楽の杜

ダンヒル・リズム・セクションは、ベースがジョー・オズボーン、キーボードがラリー・ネクテル、ドラムがハル・ブレインというすごい面子です。

私はその情報について裏付けは取れませんでしたが、音的にも人脈的にも充分にありうる話だと思います。

その前提でいくと、この曲でドラムを叩いているのは名手ハル・ブレインということになります。それだったらドラムで曲を活性化できる理由も分からないでもありません。決定ではないにしても、私にとって1つ謎が解けた思いです。

ボーカルは線が細いですが、その分リードボーカルの背後でコーラスが飛び交ています。リズムがくっきりしているせいか、コーラスを多用してもしっとりしすぎません。

当時は録音技術が低かったため、曲を華やかにする手法が今ほど多くありませんでした。その大きな柱はストリングスとホーンですが、それだとバックの演奏ばかりが目立つ曲になってしまいます。その為コーラスを多用して曲を華やかにする比重が、今よりも相対的に高かったと思います。

この曲の成功はそうした様々な組み合わせが奇跡的に一致した結果だと思います。

まずアソシエーションのコーラスの実力、ダンヒル・リズム・セクションという強力な土台、彼らが活躍できるフォーマット提示したボーンズ・ハウのプロデュースワーク。

ボーンズ・ハウがかけた魔法は次作の「Birthday」で頂点を迎えます。まさに最高の箱庭ポップのできあがりです。

しかし次作の後、ボーンズ・ハウとの関係は終わりを迎えます。ボーンズ・ハウがジミー・ウェッブの野心的な長尺の曲「マッカーサーパーク」を彼らに提案したところ、彼らが拒否したのです。その結果、ボーンズ・ハウはバンドのプロデュースを降りました。

アソシエーションのメンバーは、楽曲のイメージほど優等生な人たちではないのかもしれません。バンドの遍歴からも推測されますが、かなり自己主張の強い人たちのように思います。

私はボーンズ・ハウとの関係が終わってもったいなかったと思いますが、当時はロックの歴史の中でも最も変化が激しい時期でしたから、ボーンズ・ハウにしがみついても沈んでいったのかもしれません。

ただ色々あったにせよボーンズ・ハウに出会って良かったのではないかと思います。

なぜならこのアルバムと次作の「Birthday」という後世に残る名アルバムを2枚も残すことができたのですからね。

★無人島の1枚を探すブログの楽屋裏から★


このブログでは何万枚ものレコードやCDを聞き倒してきた私が、聞かずに死ねるか!と思う名盤名曲をおすすめしています。

オ-ルタイム/オールジャンルで定番、人気曲、隠れ名曲、私的な心の名曲ランキングの高い曲を取り上げています。

ほんの数分足を止めて聞いていただくだけで、毎日の生活が少し楽しくなる曲が見つかるかもしれません。

・今の気分とキャッチフレーズから探す
・テーマと生活シーンから探す
・自分の好きな曲と似た感じの曲を見つける
・ある曲を原曲やカバー曲と比較する
・とりあえず何か曲を聞いてみる
・ジャンル別索引

・トップページに戻る

お気に入りの曲が見つかったら、下のボタンを押してシェアしてみてください!
関連記事

スポンサーリンク

* Category : 古き良きロック・ポップス

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence