無人島の1枚を探すブログ Charles Earland 「Will You Still Love Me Tomorrow」 (アルバム:Intensity)

無人島の1曲を見つける目的に特化したブログ。洋楽・邦楽問わず、聞き逃すともったいない定番から隠れた名曲までご紹介。

Home > ジャズ・フュージョン > Charles Earland 「Will You Still Love Me Tomorrow」 (アルバム:Intensity)
 

Charles Earland 「Will You Still Love Me Tomorrow」 (アルバム:Intensity)



今回はチャールス・アーランド「ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー」(Album『インテンシティ』)をご紹介します。

時代に取り残されそうになっている者の矜持を感じるラストサムライ的名曲


本日の☆おすすめ
■アーティスト名:Charles Earland
■アーティスト名カナ:チャールス・アーランド
■曲名:Will You Still Love Me Tomorrow
■曲名邦題:ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー
■アルバム名:Intensity
■アルバム名邦題:インテンシティ
------------------------------
■音楽ジャンル:オルガンジャズ
■期待効果:身体が熱くなります

この曲を聞いてみたい!
Charles Earland「Will You Still Love Me Tomorrow」
曲名をクリックすると動画サイトで視聴できます★Click Song Title★

他の名曲もチェックしたい!
無人島の一枚を見つける8つの方法
アーティスト名ABC順 索引

Click Here to learn how to translate into other languages

チャールス・アーランド「ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー」Album『インテンシティ』レビュー


不定期で取り上げているオルガンジャズに、また1曲追加します。

この人はソウル界隈やクラブミュージック界隈の方からすると、ニューソウルやフュージョン寄りの曲の印象が強い人かもしれません。

私も「Leaving This Planet」の方を先に聞いたので、後から「Black Talk」などを聞いて、こんなコテコテのソウルジャズをやっていたのかと驚きました。

しかしこれがなかなか悪くありません。その頃の変化を時系列で整理しましょう。

1969年 Black Talk! →コテコテのソウルジャズ  
1972年 Intensity  →コテコテのソウルジャズ+メロウ度アップ
1973年 Leaving This Planet  →スティーヴィー・ワンダーの影響あり

つまり1972年頃を境に音楽が洗練されてきています。そういう過渡期だったのですね。

この音楽的変遷の境目がこのアルバムが発表された1972年ということになります。その頃に音楽界の大事件がありました。

それは怪物スティーヴィー・ワンダーの大化けです。1972年にスティーヴィーは2枚のアルバムを発表しています。一応スティーヴィーの変化も前後関係を入れて時系列で整理しておきましょう。

1971年 Where I'm Coming From
1972年 Music of My Mind
1972年 Talking Book
1973年 Innervisions

これは音楽の歴史の中でもここは結構大きなターニングポイントですよね。いきなり音楽そのものが変質してきています。

私は1972年に「Music of My Mind」に出た時に人々は驚いただろうと思います。そして同じ路線の「Talking Book」が大ヒットして、翌年には「Innervisions」でいきなりその路線の頂点を極めていますからね。

サウンドの革新性だけでなく、実際にヒットも記録した恐るべき作品群です。

当時のミュージシャンがみんな影響を受けまくりましたし、この人も例外ではありません。

既にこのアルバムには「Happy 'Cause I'm Goin' Home」みたいな、時代のはざまで揺れ動いているような曲もあります。その曲も取り上げるか迷ったぐらいすばらしいので、リンクを張っておきましょう。

Charles Earland - Happy 'Cause I'm Goin' Home
※11分を超えますのでお時間のある時にどうぞ

そして「Leaving This Planet」ではとうとう、スティーヴィー・ワンダーそのままみたいな曲をやり始めています。

コテコテのソウルジャズをやってきたけれど、このままでいけない気がする。自分の周囲も新しい動きを見せてきている。特にスティーヴィーが革新性とセールスを両立させる刺激的な音楽をやってみせてくれたので、自分もその方向でやってみたい。そんな感じの流れが分かります。

当時はそれは急激な音楽の変化の中にあって、新しい音楽に挑んでいかなければ時代に取り残されてしまう気がしてもおかしくありません。この曲はそのコテコテ時代終焉期の傑作です。

しかしもう今年は2019年です。1972年から47年が経過した今は、古い音楽も新しい音楽も平等に並べて聞ける時代です。

いま改めて聞くと、当時としては時代に取り残されるかもしれないと思われたこの音楽も、なかなか悪くありません。それどころかむしろ一周回って新鮮かもしれないぐらいです。

私は古いハードバップジャズも結構聞きます。私が正統派のハードバップジャズを鼻息荒く若い人におすすめすると反応が薄く、こういうオルガンジャズをおすすめすると、食いつきがすごいということがあります。

しかもおしゃれでセンスが良い若者ほど、オルガンジャズを好むみたいなところもあります。

それはタランティーノの映画で使われている音楽みたいな感じかもしれません。タランティーノの映画ではあえて古いB級的な味わいのあるロックやソウルの曲が使われていて、その古さゆえに新鮮な感覚を与えてくれます。

この曲もそういう感じで、一周回って逆に新鮮なのかもしれません。

さて曲を聞いていきましょう。

イントロがいかにもショービジネス的なホーンが入るので、いやな予感がしますが、オルガンが入るとその懸念は吹き飛びます。

この人のオルガンはプロデューサーから言われているのかもしれませんが、カバー曲でもあまり原曲のメロディを崩しません。

しかしこの曲の場合はそれが正解です。実際素材の良さを活かしたテーマの演奏が最高です。

なんといっても原曲があの黄金コンビ、キャロル・キングとジェリー・ゴフィンの名曲ですからね。これも原曲を引用しておきましょう。

Will You Still Love Me Tomorrow [日本語訳・英詞付き]  ザ・シュレルズ

原曲のシュレルズのバージョンは2分半ぐらいですが、この曲は7分弱の長さです。原曲のメロディさえまじめに弾けば、残りはアドリブに使える時間です。

この曲では2:04からアドリブに入ります。

しかしアドリブには気合が入っています。この曲の聞きどころはそこからです。

もうすぐ時代に取り残されそうな演奏スタイルだけど、演奏していて楽しいし熱くなるし、ええいままよがっつりやってやるよという感じの気合を感じます。

3:50からのロングトーンで伸ばすところなんかは、きっとライブで一斉に歓声が上がり盛り上がる場面でしょう。

ロングトーンはオルガンの最大の武器です。かめはめ波を連発する悟空のごとく、ロングトーンを立て続けに放っています。

それからどうだといわんばかりの速弾きです。

聞いていると身体が熱くなります。思わず新しいサウンドじゃなくていいです、これで充分ですと言いたい気持ちになります。

ただ逆にオルガン・ジャズでこれだけのアドリブ演奏ができたことが、この先のキャリアへと繋がったのだと思います。

チャールス・アーランドがコテコテスタイルを捨てて挑んだ先は、味わいに逃げることができない強い者だけが生き残る荒野でしたからね。

この曲は時代に取り残されそうになっている者の矜持を感じるラストサムライ的名曲だと思います。

★無人島の1枚を探すブログの楽屋裏から★


このブログでは何万枚ものレコードやCDを聞き倒してきた私が、聞かずに死ねるか!と思う名盤名曲をおすすめしています。

オ-ルタイム/オールジャンルで定番、人気曲、隠れ名曲、私的な心の名曲ランキングの高い曲を取り上げています。

ほんの数分足を止めて聞いていただくだけで、毎日の生活が少し楽しくなる曲が見つかるかもしれません。

・今の気分とキャッチフレーズから探す
・テーマと生活シーンから探す
・自分の好きな曲と似た感じの曲を見つける
・ある曲を原曲やカバー曲と比較する
・とりあえず何か曲を聞いてみる
・ジャンル別索引

・トップページに戻る

お気に入りの曲が見つかったら、下のボタンを押してシェアしてみてください!
関連記事

スポンサーリンク

* Category : ジャズ・フュージョン

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence