無人島の1枚を探すブログ Cotton Mather 「Payday」 (アルバム:Cotton is King)

無人島の1曲を見つける目的に特化した音楽ブログ。洋楽・邦楽問わず、おすすめ曲や隠れ名曲など無人島CD候補をレビュー!

Home > 90年以降ロック・ポップス > Cotton Mather 「Payday」 (アルバム:Cotton is King)
 

Cotton Mather 「Payday」 (アルバム:Cotton is King)



今回はコットン・メイザー「ペイデイ」(Album『Cotton is King』)をご紹介します。

給料日を喜び自分をほめ称える時、聞きたい曲


本日の☆おすすめ
■アーティスト名:Cotton Mather
■アーティスト名カナ:コットン・メイザー
■曲名:Payday
■曲名邦題:ペイデイ
■アルバム名:Cotton is King
------------------------------
■音楽ジャンル:パワーポップ
■期待効果:給料日にもっと喜べるようになります

この曲を聞いてみたい!
Cotton Mather「Payday」
曲名をクリックすると動画サイトで視聴できます★Click Song Title★

他の名曲もチェックしたい!
無人島の一枚を見つける8つの方法
アーティスト名ABC順 索引

Click Here to learn how to translate into other languages

スポンサーリンク


コットン・メイザー「ペイデイ」Album『Cotton is King』レビュー


25日の今日が給料日という人も多いと思います。今回は日本語に約すと文字通り「給料日」という曲をご紹介したいと思います。

このバンドはアメリカのバンドで、ノエル・ギャラガーに認められたことと、ボーカルの声がジョン・レノンに似ていること、その2つの切り口で取り上げるられることが多いバンドです。

逆にあまりそれ以外の点で紹介のされていないというのは、ブレイクの大波に乗り切れなかったせいもあるかもしれません。

ノエル・ギャラガーに褒められた「Kon Tiki」の頃はそれなりに注目を浴びていましたし、次作が発売された時は日本でもCD店などで結構プッシュされていた気もします。

ジョン・ボラックという人がオールタイムのパワーポップのランキングを作成した時も「Kon Tiki」が26位とかなり評価されていて、ノエル以外にも高く評価されていることが分かります。そもそもこのバンドのレビューで悪い評価を見たことがありません。それなのに売れなかったのですね。

ただいろいろな人達に押されるのには訳があります。この人たちはコンスタントに良い曲を書けるという強みがあります。どのアルバムも同じぐらい質が高いと思います。

このアルバムは評判の高い「Kon Tiki」の前作であるファースト・アルバムからの選曲です。

曲調は典型的なパワーポップです。声はよく言われるほどジョン・レノンに似ているかなと思いますが、抑え気味に歌っている時はそれっぽい時があります。高い声になると全く別物だとは思います。ただこのアルバムではなくサード・アルバムでは不思議ともう少し似て聞こえます。

この曲はサビが爽快です。
「給料日」と叫んでいます。

きっと給料日の喜びを純粋に歌っているのではないかと思ったら、少しシニカルな歌詞でイメージと違っていました。

お金が大切だ。お金をもらったらすぐにでもこの仕事を辞めるつもり。でも給料を払う側だったら喜べないよねみたいな感じです。

残念ながら私の給料日は25日ではありません。
今日が給料日の方はこの曲を聞きながら自分を褒め称え、喜びを爆発させてみてはいかがでしょうか。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


Cotton Is King




★無人島の1枚を探すブログの楽屋裏から★


このブログでは何万枚ものレコードやCDを聞き倒してきた私が、聞かずに死ねるか!と思う名盤名曲をおすすめしています。

オ-ルタイム/オールジャンルで定番、人気曲、隠れ名曲、私的な心の名曲ランキングの高い曲を取り上げています。

ほんの数分足を止めて聞いていただくだけで、毎日の生活が少し楽しくなる曲が見つかるかもしれません。

・今の気分とキャッチフレーズから探す
・テーマと生活シーンから探す
・自分の好きな曲と似た感じの曲を見つける
・ある曲を原曲やカバー曲と比較する
・とりあえず何か曲を聞いてみる
・ジャンル別索引

・トップページに戻る

お気に入りの曲が見つかったら、下のボタンを押してシェアしてみてください!
関連記事
スポンサーリンク

* Category : 90年以降ロック・ポップス

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence