bunny-sigler-thats

Bunny Sigler「Things Are Gonna Get Better」(アルバム:That’s How Long I’ll be Loving You)

「ありあまる才能を持ちながらフィリーソウルの裏方として支えた人が放った渾身の一曲」

この人は、曲の提供とプロデューサーとして、長年活躍してきた人です。

中には裏方で働く人の中にも、ありあまるほどの音楽的才能を持っている人もいます。

たとえばこの人のように。

今回はそういう人が表舞台に立って、実力の片鱗を垣間見せた曲をご紹介します。

本日のおすすめ!(Today’s Selection)

■アーティスト名:Bunny Sigler
■アーティスト名カナ:バニー・シグラー
■曲名:Things Are Gonna Get Better
■曲名邦題:シングス・アー・ゴナ・ゲット・ベター
■アルバム名:That’s How Long I’ll be Loving You
■アルバム名邦題:ザッツ・ハウ・ロング・アイル・ビー・ラヴィング・ユー
■動画リンク:「Things Are Gonna Get Better」

╂ 名曲レビューでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!╂

バニー・シグラー「シングス・アー・ゴナ・ゲット・ベター」(アルバム:ザッツ・ハウ・ロング・アイル・ビー・ラヴィング・ユー)ディスクレビュー

こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールページへ

今回は1974年のフィリーソウルからご紹介します。

フィリーソウルとは、フィラデルフィア・ソウル(Philadelphia Soul)のことです。

フィラデルフィアにあるシグマ・スタジオ(Sigma Sound Studio)を拠点として作られた、一連の都会派ソウル・ミュージックを指す言葉です。

フィリーソウルには、分かりやすい特徴があります。

シグマスタジオのハウスバンドである、MFSB(Mother Father Sister Brother)のストリングスやホーンが、とても大きくフィーチャーされています。

この曲でも、イントロからその特徴が出ています。

フィリーソウルは、ケニス・ギャンブル(Kenneth Gamble)とリオン・ハフ(Leon A.Huff)という、ギャンブル&ハフ(Gamble and Huff)がつくり出した音楽です。

この2人が設立したのが、フィラデルフィア・インターナショナル・レコード(PIR)というレーベルです。

RIPはフィリーソウルの総本山と言われています。

フィラデルフィア・インターナショナル・レコード(PIR)の裏方として

今回ご紹介するバニー・シグラーは、トム・ベル(Thom Bell)など並んで、RIPの屋台骨を支えていた1人です。

バニー・シグラーはRIPで曲の提供とプロデュースを担当することが多く、いわゆる裏方の役割でした。

あまり知られていませんが、この人は様々な楽器をこなすことができる、マルチ・インストゥルメンタリストでもあります。

要するに多彩な才能を持っている人です。

ただ元々彼はシンガーでした。

彼は幼少の頃から教会で歌い始め、兄弟や友人たちとOpalsというドゥーワップグループを結成しています。

その後音楽キャリアを重ねるにつれて、ピアノなど複数の楽器を習得し、曲を書き、裏方としての才能を開花させています。

彼の多才で器用なところが、これから成長しようとしていたRIPにおいて、とても大きな役割を果たしていました。

その裏方仕事の合間に、こうして自分の作品をリリースする機会を得た人です。

ただ彼のキャリアを見ていくと、本当は自分がフロントに立って、歌いたい人なのかなと思うことがあります。

ちなみにこのアルバムは、バニー・シグラーとノーマン・ハリス(Norman Harris)がプロデュースしており、RIPでは珍しいセルフ・プロデュース作品となっています。

レーベルカラーを大切にするギャンブル&ハフが、プロデュースを本人に任せたというのは、信頼されていたからに他なりません。

彼が裏方仕事で信頼を得てから、自分で勝負したのがこのアルバムです。

この曲のどこがすばらしいか

この曲はとても若々しいサウンドが魅力的です。

冒頭から始まる流麗なストリングスやホーンもいいけれど、特に私は歌唱がすばらしいと思います。

この曲ではバニー・シグラーのテナーが冴えわたっています。

一般に高い声のテナーボーカルは、イノセントな響きを曲にもたらすことができます。

ただ表現力が弱い人が歌うと、表面的で薄っぺらな歌になってしまう危険性があります。

そもそもフィリーサウンドは、ストリングスやホーンなどバックの演奏で高音が多用されます。

その関係で音のバランスを考えると、低めの声であるバリントンボーカルとの相性が良いという人もいます。

私もその意見には賛成です。

しかしバニーに関して、その心配は無用です。

時には少し苦みを感じさせる歌唱は、一聴の価値があります。

躍動するボーカルをサポートする分厚いコーラスも、とても気分を高揚させてくれます。

まさしくフィリーダンサーの代表曲といってもいい、すばらしい出来だと思います。

バニー・シグラーのその後

バニー・シグラーは後に、サルソウル・レコード(Salsoul Records)配給のゴールド・マインド(Gold Mind)レーベルに移籍しました。

そこで数曲のヒットを放った後、1980年代からはまた裏方仕事が多くなりました。

彼は2017年に亡くなっていますから、かなり長い年月を、支える側に身を置いていたことになります。

彼は2007年にその功績が認めらて、アメリカ合衆国議会議事堂で金メダルを授与されました。

その授与式で、彼は聖書の「詩篇23篇」を歌ったそうです。

「詩篇23篇」は神に導かれてきた人生を振り返り、無事自分の人生を歩むことができた幸せを述べるものです。

欧米では葬式で読まれることが多いそうです。

私は以前この人に対して、ありあまる才能を持ちながら、裏方として活動してきた期間が長い人というイメージがありました。

しかしその話を知ってから考えが変わりました。

この人の人生としては、それほど不本意ではなかったのかなと。

その彼が自分自身で勝負し、一瞬輝きを放ったこの曲をお楽しみください。

bunny-sigler-thats
最新情報をチェックしよう!