cherry-twister-at

Cherry Twister
「Maryann」(アルバム:At Home with by Cherry Twister)

「パワーポップ好きの間で大切に聞き継がれてきた、小確幸を感じさせてくれる名曲」

今回はパワーポップの本流ともいえる曲をご紹介します。

彼らはそれほど多くの人に知られているわけではありません。

しかし一部の人たちには熱狂的に評価されているバンドです。

試しにAmazonのレビューを見ると、日本人1名、その他の国の人3名のレビューが見つかりました。

その全員が5つ星を与えています。

その事実が示す通り、このバンドを知っている人には、マストと評価されているのです。

今回はその魅力に迫ってみたいと思います。

本日のおすすめ!(Today’s Selection)

■アーティスト名:Cherry Twister
■アーティスト名カナ:チェリー・ツイスター
■曲名:Maryann
■曲名邦題:マリアン
■アルバム名:At Home with by Cherry Twister
■アルバム名邦題:アット・ホーム・ウィズ・チェリー・ツイスター
■動画リンク:Cherry Twister「Maryann」

╂ 名曲レビューでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!╂

チェリー・ツイスター「マリアン」(アルバム:アット・ホーム・ウィズ・チェリー・ツイスター)ディスクレビュー

こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールページへ

今回はパワーポップ好きの間で、大切に聞き継がれているバンドをご紹介します。

レーベルは日本ではエアーメイル(Air Mail)、海外ではノットレイム(Not Lame)です。

パワーポップ好きはこれらのレーベル名だけで、ご飯を山盛りいけそうではないでしょうか。

このバンドは有名なバッド・フィンガー(Badfinger)のトリビュートアルバムに参加していますから、そちらでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

「カム・アンド・ゲット・イット~バットフィンガー・トリビュート(Come & Get It: a tribute to Badfinger)」というアルバムで、「イット・ハッド・トゥ・ビー(It Had to Be)」をカバーしています。

今回ご紹介するアルバムは、彼らの2作目です。

おそらくはラストアルバムということになると思います。

パワーポップには線が細い系と太い系がありますが、これは線が細い系です。

つまり激しさとか押しとか勢いではなく、曲やセンスの良さで勝負してくるタイプです。

バンドの経歴

このバンドの経歴をご紹介をしておきましょう。

このバンドはアメリカのペンシルバニア出身で、1993年スティーヴ・ワード(Steve Ward)を中心に結成されています。

ファーストアルバムの頃は、ほぼ彼の宅録プロジェクトみたいなものでした。

しかし次第にバンドの形態に移行し、1999年セカンドアルバムを発表します。それが今回ご紹介するアルバムです。

バンドのメンバーは以下の通りです。

Steve Ward:ギター担当
Ross Sackler:ドラム担当
Michael Giblin:ベース担当

バンド名は、あのデビッド・リンチの名作「ツイン・ピークス」から取られています。

スティーヴによると、彼らの音楽はティーンエイジ・ファンクラブ(Teenage Fanclub)やビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)から大きな影響を受けているそうです。

まあ音楽によく表れていますね。

彼らは1999年にリリースされたこのセカンドアルバムが、一部パワーポップ好きの間で評判となり、2001年日本でもリリースされています。

この曲のどこがすばらしいか

さて曲を聞いていきましょう。

まず問題は(いや問題はありませんが)このアルバムにはいい曲が多すぎるということです。

実はこの曲と同じぐらいの曲がごろごろしていて、相当思い切らないとこの曲に絞り込めませんでした。

ボーカルは甘いというより中性的です。

ほとんどの部分をコーラスで歌っていますが、息がぴったりすぎないでしょうか。

パワーポップの華であるギターもいい仕事していますね。

2:16ぐらいと最後の方で、少しオラついたフレーズが飛び出るところがあります。

他の曲では比較的バリバリ弾いている曲があるので、この曲でも活躍する機会をうかがっていたのかもしれません。

最後は古いロックが好きな人であれば、思わずニヤリとしてしまう終わり方をしています。

全体に上品な甘さがあって、とてもまとまりが良い曲だと思います。

その後の活動について

このバンドは一部のパワーポップ好きだけの存在にしていては、もったいないと思います。

確かに中心人物のスティーブ・ワード(Steve Ward)のソロも、それなりに良いと思います。

しかしこのアルバムには及びません。

2011年にはメンバーが再会して、ライブをやったのだそうです。

この曲での息がぴったり合っている様子を思い出すにつけ、またアルバムを出してくれないかと期待してしまいます。

このアルバムでは、バンドのマジックが働いていたように感じます。

彼らの音楽は革新性もなく、音楽の歴史に名前が刻まれるようなものではありません。

しかし上品な甘さを持つ洋菓子のような、小確幸、小さくとも確かな幸せをもたらしてくれます。

ぜひご堪能ください。

cherry-twister-at
最新情報をチェックしよう!