chewy-marble

Chewy Marble「Silly Place」(アルバム:Chewy Marble)

「ワンダーミンツやジェリーフィッシュが好きな人は必聴の曲!」

今回はチュウィ・マーブル「シリー・プレイス」(Album『チュウィ・マーブル』)をご紹介します。

本日のおすすめ!(Today’s Selection)
■アーティスト名:Chewy Marble
■アーティスト名カナ:チュウィ・マーブル
■曲名:Silly Place
■曲名邦題:シリー・プレイス
■アルバム名:アーティスト名と同じ
■アルバム名邦題:アーティスト名カナと同じ
■動画リンク:この曲に動画はありません。

╂ 名曲レビューでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!╂

チュウィ・マーブル「シリー・プレイス」(アルバム:チュウィ・マーブル)ディスクレビュー

こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールページへ

色々な曲を取り上げているので、どのへんを中心にして聞いているか分かりにくいかもしれません。

家に招いてCD棚を見てもらっても、ますます分からないと言われてしまいます。

まあ中心があるようでないような感じですが、ただ強引に中心を決めるとなるとこの曲あたりになると思います。

おそらく沢山の音楽を聞いていない人生を送っていたら、このへんの音楽だけを聞いていたかもしれないと思うからです。

この人たちはアメリカのバンドで、元ワンダーミンツのメンバーがいるだけあって、音楽的にはワンダーミンツ(The Wondermints)とか、あとジェリーフィッシュ(Jellyfish)とかそのあたりを想像してもらえばいいと思います。

ポイントは60-70年代のロック・ポップスの影響を消化しているように感じさせるところと、そこにひと捻り加えている遊び心ですかね。

この曲はそれほど捻りはありませんが、イントロから古い音楽への敬意が読み取れます。

このイントロも昔どこかで聞いたことがあるような気がします。少し懐かしい感じですかね。

この曲はポップで弾けているけれど、哀愁を感じさせます。その哀愁もまた昔っぽいなと思います。

このアルバムのジャケットはカラフルな砂糖菓子の写真が使われていますが、音楽とうまく合致しています。

なぜ子供の時に食べた綿菓子があんなに美味しく感じられたのか、その不思議な感覚が凝縮して詰まっているアルバムです。

イメージばかりを語っていますが、音楽的にはそう多くを語るような曲でもないと思います。

音楽的には全然難しいことをしていなくて、良いメロディをポップと哀愁でにコーティングしただけです。

たったそれだけなのに、駄菓子みたいに度々手にとって聞きたくなる。

そして聞いていると確実に良い気分にしてくれます。

思えばバッドフィンガー(Badfinger)も、ゾンビーズ(The Zombies)もこの種の魔法がありました。

きっとAMAZONでは捨て値で売られているのだろうと検索してみたら、廃盤になっているっぽい価格が付いていました。

youtubeでも音源を見つけられませんでした。しかし失われるには惜しい音楽です。

中古屋ではまだまだ安く売っているところもあると思います。

もし捨て値で売っていたら、入手してみてはいかがでしょうか。

上に挙げたバンドがお好みの方は損をしないと思います。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


チュウィ・マーブル

chewy-marble
最新情報をチェックしよう!