fleetwood-mac-rumours

Fleetwood Mac
「Dreams」(アルバム:Rumours)

「スティーヴィー・ニックスがリンジー・バッキンガムに突き付けた辛辣な三行半ソング」

今回はフリートウッド・マック「ドリームス」(Album『噂』)をご紹介します。

本日のおすすめ!(Today’s Selection)
■アーティスト名:Fleetwood Mac
■アーティスト名カナ:フリートウッド・マック
■曲名:Dreams
■曲名邦題:ドリームス
■アルバム名:Rumours
■アルバム名邦題:噂
■動画リンク:Fleetwood Mac「Dreams」

╂ 名曲レビューでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!╂

フリートウッド・マック「ドリームス」(アルバム:噂)ディスクレビュー

こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールページへ

今回は大名盤シリーズから取り上げます。

知っている人も多いと思いますが、時々聞くとやはりいい曲だなと思います。

フリートウッド・マックというよりも、これはスティーヴィー・ニックスの曲だと言いたい人もいると思います。

確かに彼女が作詞作曲した曲だし、リードボーカルもとっています。

しかし後で触れますが、この名曲が世に送り出されるにはあるメンバーとの軋轢があります。

また演奏面のすばらしさも忘れてはいけません。

いろいろな意味で、グループだからこその曲だといえると思います。

ただこの頃の彼女の小悪魔的な魅力は、当時男性だけでなく、女性をも魅了しました。

この頃彼女は18歳か19歳ぐらいで、当時は日本のファンから妖精みたいな扱いを受けていました。

このアルバムの頃の写真を貼っておきましょう。

Stevie_Nicks_(1977)

この顔でこんな曲を歌うのですから、ちょっと反則ぎみですよね。彼女の虜にならないはずがありません。

個人的には彼女の書く曲は、甘くかわいらしく曲ではない、比較的硬派なところが良いなと感じます。

このアルバムのジャケットもすばらしいですよね。

スティーヴィーのポーズはなんだかよく分かりませんが、極めて英国的な雰囲気を持つ良いジャケットだと思います。

ちなみに後年彼らは「ザ・ダンス(The Dance)」というライブアルバムで、このジャケットのパロディをやっています。

上は20年後、1997年の彼らです。

スティーヴィーもまだまだコケティッシュな雰囲気を残しています。

ただあのポーズはもう恥ずかしいのか、スティーヴィーは寝そべっていますね。

あのポーズは苦しい体勢だと思いますし、少し残念ですが仕方ありません。


バンド内の昼ドラ的人間関係について

このアルバムのレコーディング時、メンバーは何かと精神的に揺れる時期だったようです。

ウィキペディアからその時期の記述を引用しましょう。

まず、ミック・フリートウッドが妻のジェニーと離婚した。

バンドに参加したときは交際していたリンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックスは別れ、ジョン・マクヴィーとクリスティン・マクヴィーも離婚した。

にもかかわらず、5人のメンバーは、全員がバンドに残っていた。

後のスティーヴィー・ニックスの指摘によれば、それはつまり、ただでさえよそよそしいメンバー同士が長い時間を共に過ごし、時々とても気まずい時間があったということだ。

ウィキペディア 噂 (アルバム)

バンドの人間関係に亀裂が入っていたようです。そもそも同じバンドの中で、恋愛関係になりまくりだったのですね。

まずこの昼ドラのような状況を整理しておきましょう。

・リンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックス →破局
・ジョン・マクヴィーとクリスティン・マクヴィー →離婚
・ミック・フリートウッドと妻のジェニー →離婚

上の3組の中で、ミック・フリートウッドの奥さん以外、バンドのメンバー5人全員が、離婚か破局しているという状況です。

そして各メンバーが互いに相手のことをテーマにして曲を書いたから「噂(Rumours)」というアルバムタイトルです。

アルバム名については「Rumor」ではなく複数形の「Rumors」となっていることに注目したいと思います。

要するにある特定の噂ではなく、様々な噂が飛び交っていたということです。

このアルバムタイトルを考えたのはジョン・マクヴィー(John McVie)のようです。

この人はイギリス人ですが、英国らしい自虐的な笑いのセンスを感じます。

ただ当時各メンバーの精神状態は相当悪かったことは事実らしく、音楽制作に没頭することによって、忘れようとしたそうです。

そのギリギリ具合が、音楽的には良い方向に作用したアルバムかもしれません。

歌詞から見える2人の亀裂の原因

さて今回ご紹介した曲についても、そういう軋轢が背景にあります。

当時スティーヴィー・ニックスはリンジー・バッキンガム(Lindsey Buckingham)と恋人関係にありました。

元々このバンドに加入する前から恋人同士で、加入前には2人でこんなアルバムまで出しています。

この曲の中で、スティーヴィー・ニックスはリンジー・バッキンガムに対して、かなり痛烈に歌っています。

あなたが感じるままに演奏するのは当然のことだけど
よく聞いてみると
あなたの出す音には孤独があらわているわね

雷は雨が降っている時だけに鳴るものよ
他の人はあなたが演奏している時だけ愛しているの

女性たちは来ては去っていくものよ
雨で打たれてさっぱりすれば、あなたも分かるはず

原文は以下を参照
Fleetwood Mac – Dreams Lyrics | SongMeanings

おおっ、これはすごいですね。なかなか辛辣です。

しかし一方の意見だけというのは不公平なので、今度は同じアルバムに収録されているリンジー・バッキンガムの曲の歌詞もみていきましょう。

「オウン・ウェイ(Go Your Own Way)」の歌詞を翻訳してみます。

愛している
君のやっていることは正しいことではないよ
どうすれば今私が感じているこの状況を変えられるのかな

できることなら君に僕の世界のすべてをあげるよ
どうしたらいいだろう
君がその気持ちを受け取ろうとしない時には

君は君の道を行くことができる
君の道をいけばいいよ
そうすれば、君には孤独な日がやってくるんだからね

Fleetwood Mac – Go Your Own Way Lyrics | SongMeanings

曲のリンクも貼っておきましょう。

Fleetwood Mac「Go Your Own Way」

しかしリンジー、やってしまいましたね。

きっと他の女の子に鼻の下を伸ばして、妖精のご機嫌を損ねてしまったのでしょう。

想像するに、リンジーが他の女の子にちやほやされていて、それを見たスティーヴィーが態度を硬直化して、心を閉ざしたみたいな感じですかね。

特に曲の中で逆切れしているのは、ちょっとまずかったかなと思います。

しかも急にサビで逆切れ展開とは、完全に妖精の神経を逆なでしてしまいましたね。

しかし公に発表する曲なのに、まるで私小説みたいです。

ちなみにどちらもシングルカットされて、セールスではスティーヴィーの曲が全米1位、リンジーの曲が10位です。

痴話げんかの曲なのに、こんなに売れてしまっていいのでしょうか。

この曲のどこがすばらしいのか

さて曲を聞いていきましょう。

まずこの曲のポイントはイントロです。

ジョン・マクヴィーのベースとミック・フリートウッドのドラムが、とても懐の深い演奏を聞かせてくれます。

そこに重なるクリスティン・マクヴィーのキーボードも、アンニュイでニューアンスに富んだ演奏です。

そういえばTOTOがファーストアルバムで「ジョージ・ポージー(Georgy Porgy)」のイントロで震撼させてくれたのも、同じ1977年だったことを思い出しました。

「ドリームス」のイントロは、そのTOTOの演奏に負けていません。

このAOR的な洗練された演奏力が、この曲の成功の後押ししたと思います。

そしてやはりスティーヴィーのボーカルです。

顔に似合わずハスキーな声なんですよね。そのギャップもいいですし、実際にこの曲にとても合っています。

ボーカルに重なる女性コーラスはクリスティン・マクヴィーかもしれませんが、とても良い雰囲気を出してくれます。

笑えるのがこの曲で辛辣に歌われているリンジーのギターが、めちゃくちゃ控えめであることです。

ほとんど目立ちません。まるで息をひそめているかのようです。

そしてやはり楽曲の魅力があります。この時期のスティーヴィーはどのアルバムでもハイライトとなる曲を書いている、ほぼ主役の立場でした。

外見だけでなく、同等の音楽的才能も兼ね備えていた人だったのですね。

このアルバムは結果大ヒットして、翌年1978年のグラミー賞で最優秀アルバムを獲得しています。

それだけではなくアルバムチャートで31週1位となり、当時は怪物アルバムと呼ばれるようなビックセールスを獲得しました。

バンドの実態としてはメンバー間に亀裂が入りまくりでしたが、こんなに売れたので解散できなくなりました。

そして2年後に出たアルバムのタイトルが「牙 (Tusk)」というタイトルです。またしてもトゲを感じるタイトルですかね。

まあしかし時間の経過が彼らを癒したらしく、先ほどジャケットで挙げた1997年の頃は和解しています。

この曲は当時の大人の事情を想像しながら聞くと、聞こえ方が違ってくるかもしれません。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


Rumours – 35th Anniversary Edition (Deluxe Edition)

fleetwood-mac-rumours
最新情報をチェックしよう!