go-betweens-1978

The Go-Betweens
「Bachelor Kisses」(アルバム:1978-1990)

「思慮深いメロディと神々しい女性ボーカルのネオアコ・クラシック」

今回はゴー・ビトウィーンズ「バチェラー・キッシーズ」(Album『1978-1990』)をご紹介します。

本日のおすすめ!(Today’s Selection)
■アーティスト名:The Go-Betweens
■アーティスト名カナ:ゴー・ビトウィーンズ
■曲名:Bachelor Kisses
■曲名邦題:バチェラー・キッシーズ
■アルバム名:1978-1990
■動画リンク:The Go-Betweens「Bachelor Kisses」

╂ 名曲レビューでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!╂

ゴー・ビトウィーンズ「バチェラー・キッシーズ」(アルバム:1978-1990)ディスクレビュー

こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールページへ

これは1984年に発表されたネオアコ・クラシックともいえる曲です。

その昔ネオアコ名盤としてよく話題にされていたこのベスト盤で、多くのネオアコ好きがこの曲に出会ったものです。

私もその後オリジナルアルバム単位でも買いましたが、このアルバムばかり聞いてしまいます。

このアルバムは1枚目はいわゆるベスト盤ですが、2枚目は各メンバーおすすめのアルバム曲や未発表曲、B面曲集です。

やはり1枚目の方が出来は良いと思いますが、2枚目もそれほど質が落ちていません。

ここにも収録されていない曲でも、まだまだ良い曲があります。

このバンドはアズテック・カメラなどに比べるといまいち評価されていない気もします。

しかしオリジナルメンバーであるロバート・フォスター(Robert Forster)とグラント・マクレナン(Grant McLennan)の安定したソングライティング能力に支えられた楽曲の魅力を、いま一度再確認してもいいのではないかと思います。

このバンドはオーストラリア出身です。私の中ではオーストラリアといえばゴー・ビトウィーンズで、カナダといえばスローン(Sloan)です。

中でもこの曲は彼らの代名詞的な曲になっています。

この曲はイントロでは名曲の気配がありません。

しかし何やら含蓄のある歌いだしで、ちょっと待てよとなります。

経験からくるカンですが、こういう意味深で含蓄があるメロディは才能のあるソングライター特有のものです。

きっちり聞かせるサビへの伏線かなと期待してしまいます。

演奏はサビの背後で鳴っているギターのアルペジオが美しいですね。

あとタンバリンだと思うのですが、サビでシャッフルするところがあって、とてもいい感じです。

そしてやはりこの曲の聞きどころはサビです。ここの女性コーラスがなんとも神々しいです。

この曲に華やかさと神々しさを付け加えていて、特別な曲のレベルまで押し上げています。

卓越したソングライティングによる楽曲を、女性コーラスを効果的に使うことによってワンランク段階引き上げるのは、プリファブ・スプラウト(Prefab Sprout)にも見られる手法です。

最後にこのCDのブックレットにこの曲ができた背景が書いてありましたが、とても面白かったので引用します。

グラント・マクレナンのコメントみたいです。

クリスマスの休日をニューヨークで過ごし、帰ってきたところだった。途中、どこかで、レコード会社も失くしていた。イギリスへの入国も拒否され、入国審査でこの曲を書き上げた。最初に聞かせたのは妹。「マリアンヌ・フェイスフルに歌わせたいわ」妹はそう言った。
ALCB-416/417より引用

妹のコメントいいですね。私も同感です。

この曲は初期のマリアンヌ・フェイスフルに歌ってもらいたいです。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


1978‐1990

go-betweens-1978
最新情報をチェックしよう!