helloween-keeper1

Helloween「I’m Alive」(アルバム:Keeper of the Seven Keys PartⅠ)

「ツインギターのソロの構成力がすごい!拳を振り上げて聞きましょう!」

今回はハロウィン「アイム・アライヴ」(Album『守護神伝 第一章』)をご紹介します。

本日のおすすめ!(Today’s Selection)
■アーティスト名:Helloween
■アーティスト名カナ:ハロウィン
■曲名:I’m Alive
■曲名邦題:アイム・アライヴ
■アルバム名:Keeper of the Seven Keys PartⅠ
■アルバム名邦題:守護神伝 第一章
■動画リンク:Helloween「I’m Alive」

╂ 名曲レビューでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!╂

ハロウィン「アイム・アライヴ」(アルバム:守護神伝 第一章)ディスクレビュー

こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールページへ

ジャーマンメタルの名盤からです。ご存知の方はこの機会にまた聞きなおして頂ければと思います。

昔からなんでこんなバンド名にしたのかと思っていたので改めて調べてみました。

インゴ・シュヴィヒテンバーグ(Ingo Schwichtenberg)というメンバーの提案によって、映画「ハロウィン(Halloween)」からとられたみたいです。

このアルバムは彼らのセカンドアルバムで、彼らのイメージを決定づけたアルバムです。

この曲はとにかく爆走しています。

プロレスラーが登場する時の効果音みたいなイントロから歌へとなだれ込みます。

ギターは超攻撃的なリフを繰り出して、サビになると俺は生きていると雄たけびコーラスです。

サビではきっと家で聞いている人は拳を振り上げているかもしれません。

いやむしろここは、拳を振り上げて「I’m Alive」と叫ぶべきでしょう。

そしてこの曲の一番の魅力はメタルの華であるツインギターです。

中盤に少し演歌っぽいフレーズから始まり、2本のギターが時に重なりますがそこが鳥肌ものですね。

あのスピードの中で次から次へ技を繰り出して、しかし一方で遊び心さえ感じられるこの余裕。ギターソロの構成美は彼らの特徴です。

聞いている人を引きずり込む展開力は、このアルバムの「Helloween」というバンド名と同じ名前の曲でも充分に発揮されています。

大曲ながら静と動の対比、攻撃的なリフの応酬でおすすめです。

長い曲なのでご紹介をためらってしまいましたが、この曲が気に入った方はチェックして頂ければと思います。

ボーカルのマイケル・キスク(Michael Kiske)も昔から歌っているようなはまり方ですが、18歳で初加入なんて本当かという感じです。

ハロウィンってつくづく欠点がないと思います。

スラッシュメタルのような激しさもある。メロディもいい。歌もいい。ギターはリフもソロもいい。構成力もある。バラードも書ける。

更には曲の出来がいいときています。

戦力分析の円グラフで全ての項目がマックスです。ある意味極まっている感じがあります。

その後私は追いかけきれていませんが、多くのフォロワーが出たそうですが、これを真似るのは大変だろうなという感じがします。

血を沸騰させたい時にはぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。

拳を振り上げられる環境があれば尚良しです。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


ハロウィン・エクスパンディッド・エディション・コレクション 守護神伝-第一章

helloween-keeper1
最新情報をチェックしよう!