magokoro-brothers-fine

真心ブラザーズ「I’m in Love」(アルバム:Fine)

「あまりにも直球すぎるけれど、ウザすばらしい!」

今回は真心ブラザーズ「I’m in Love」(Album『Fine』)をご紹介します。

本日のおすすめ!(Today’s Selection)
■アーティスト名:真心ブラザーズ
■曲名:I’m in Love
■アルバム名:Fine
■動画リンク:真心ブラザーズ「I’m in Love」
※一部分だけ上のサイトで聞くことができます

╂ 名曲レビューでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!╂

真心ブラザーズ「I’m in Love」(アルバム:Fine)ディスクレビュー

こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールページへ

聞いていて胸が一杯になる曲です。

この人達はアルバム単位では捨て曲が多いと感じます。

ファンの方には申し訳ありませんが、コンスタントに平均以上の曲をつくるというタイプではないと思っています。

しかしこの曲のように時々場外ホームラン的な名曲を時々出してきます。

野球で例えると打率は高くないけれど、ここぞというところで場外満塁ホームランを打つタイプの選手です。

球場から帰る人は皆、あのホームランは凄かったと口々に言いながら満足して球場を去るのです。

たとえそれまでが全て三振でも。

私はこういうタイプのアーティストが大好きです。

1曲だけで投資を回収した気にさせてくれます。

この曲の歌詞を要約するとこんな感じです。

「やっと僕らが出会うことができた。愛が大切だ。
泣きたくなることがあったら呼んでほしい。遠くにいてはだめだろう。そうだろう。だからすぐに駆けつけるから」

ど真ん中の直球、しかも剛速球ですね。

こんな歌詞を臆面もなく書けるからこそ、三振が多いんだよと決め付けてごめんなさい。

でも彼らは三振の曲でもフルスイングしています。

まるで昔、巨人にいた小笠原道大選手みたいに、空振りしてもフルスイングしてくれるので気分がいいです。

そして当たったらでかい。そんなところがこの人達の音楽にはあります。

この曲ではホーンのアレンジもとてもいい感じです。

イントロもそうですが、歌のバックで暑苦しい気分をうまく盛り上げるのに一役買ってくれています。

彼女のことが好きすぎて、気持ちが上滑りするところをあえて楽しむところが、この曲を楽しむポイントではないでしょうか。

最初に聞いた時は少し引きますが、まあ聞いているうちにまあいいかと思えてきます。

オフィシャルサイトから一部分の音源を上にリンクを貼っておきましたが、その動画でも結婚式のシーンがあって、やっぱりやりすぎだろうと思いましたけどね。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


FINE

magokoro-brothers-fine
最新情報をチェックしよう!