roger-saga

Roger「Play Your Guitar, Brother Roger」(アルバム:The Saga Continues)

「凄腕ギターを隠す男と弾けと煽る女性コーラスの掛け合いが愉快」

今回はロジャー「プレイ・ユア・ギター、ブラザー・ロジャー」(Album『サーガ』)をご紹介します。

本日のおすすめ!(Today’s Selection)
■アーティスト名:Roger
■アーティスト名カナ:ロジャー
■曲名:Play Your Guitar, Brother Roger
■曲名邦題:プレイ・ユア・ギター、ブラザー・ロジャー
■アルバム名:The Saga Continues
■アルバム名邦題:サーガ
■動画リンク:Roger「Play Your Guitar, Brother Roger」

╂ 名曲レビューでは四つ星半以上のとびっきりの名曲だけをおすすめしています!╂

ロジャー「プレイ・ユア・ギター、ブラザー・ロジャー 」(アルバム:サーガ)ディスクレビュー

こんにちは。おとましぐらです。(プロフィールページへ

この人はザップ (Zapp)というグループのリーダーです。

彼のギターは度々ジョージ・ベンソン(George Benson)みたいだと言われることが多いです。

この曲でもおおよそその例えで合っていると思います。

とにかくソウルフルです。フィーリングに溢れたギターに唸ります。

この曲はタイトル通り彼のギターに焦点が当てられています。

そのはずですが、繰り返される女性コーラスの合間から時々聞こえてくるだけです。

いっそのことボーカル抜きで長い尺でソロを弾けよ思います。

グループ名義である「ZappⅡ」の「タッチ・オブ・ジャズ(A Touch of Jazz (Playin’ Kinda Ruff Part II))」でもギターを披露しています。

そんなに長いギターソロはありません。ただ時々出てくるギターがいつも魅力的です。

この曲ではもどかしい思いをしながら、合間から聞こえてくるギターの輝きに耳を傾ける必要があります。

細切れながら、色々なことを試してしています

わざとなのかジョージ・ベンソンにしか聞こえない部分があったり、おどける風なフレーズが満載ながらも、時々まともなソロも短いながらもあります。

そもそもザップ名義ではなくソロなんだから自分のギターを主役にしてもいいのに、ここでも主役は女性コーラスで、ギターは脇役です。

おそらく彼はグループ全体で表現するのが好きなのでしょう。

自分が得意なギターもその一部に過ぎないと思っているのではないでしょうか。

この曲もグループ全体での音楽を追求しています。だから曲としてもすばらしいです。

彼はカッティングギターの名手でもありますが、僕のギターソロはほんの少しでいいんだよと言いたいのかもしれません。

ここからは私の想像ですが、彼は他のメンバーからもっとギター前面をに出してもいいと言われて、それをネタにしてこの曲をつくったのではないかと。

だって曲名が「Play Your Guitar, Brother Roger」で、曲の中でもずっと女性コーラスが弾け弾けとあおっています。

そこで、分かったよ弾けばいいんだろうみたいな感じで、小出しにしているという訳です。

こんなことではアントニオ猪木先生に怒られてしまいそうです。

「黙って弾けよ。弾けば分かるさ」と。

お後がよろしいようで、それでは~。

引き続きこのアルバムのAmazonレビューを読んでみたい方や、ご購入をお考えの方は、下のリンクからお進みください。


THE MANY FACETS OF ROGER / THE SAGA CONTINUES / UNLIMITED

roger-saga
最新情報をチェックしよう!