無人島の1枚を探すブログ - desert island discs -

無人島の1曲を見つける目的に特化した音楽ブログ。洋楽、邦楽、有名曲、隠れ名曲など、厳選された名曲を視聴できます!

Home
 

The Jam 「David Watts」「Down in the Tube Station at Midnight」 (アルバム:All Mod Cons)

今回はザ・ジャム「デイヴィッド・ワッツ」「チューブ・ステイション」(Album『オール・モッド・コンズ』)をご紹介します。緊迫感のある歌詞から読み取れるポール・ウェラーの才能開花のきっかけ╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:The Jam■アーティスト名カナ:ザ・ジャム■曲名:David Watts、Down in the Tube Station at Midnight■曲名邦題:デイヴィッド・ワッツ、チューブ・ステイション■アルバム...

... 続きを読む

* Category : 古き良きロック・ポップス

Comment-open▼ * Comment : (2)

こんにちは♪ * by John Metavolita
しばらく更新がなかったのでヤキモキしておりました(笑)

僕自身はスタイル・カウンシルからポール・ウェラー知った世代です。

お恥ずかしながら表題のチューブ・ステイションも実はカーターUSMが日本オンリーでリリースした「電気じかけのカバー戦士」なる訳のわからないアルバムで初めて耳にしまして,そこからザ・ジャムを聴くようになったという,コアなファンからは怒られそうな時系列です…(汗)

学生時代に一度だけポールのライヴに足を運びましたが,渋くてカッコいいおじさんだったなあ…。

Re: こんにちは♪ * by おとましぐら
ご心配おかけしました。
諸事情でなかなか時間がとれなくなりました。

しかしこのブログはライフテーマですから、頻度が落ちても続けるつもりです。

しかしCarter the Unstoppable Sex Machineとは(笑)

あの時代を生きた人しか分からないバンドですよね。

私もポール・ウェラーは、年をとっても髪を染めずに、白髪がかっこいいと思っています。

> しばらく更新がなかったのでヤキモキしておりました(笑)
>
> 僕自身はスタイル・カウンシルからポール・ウェラー知った世代です。
>
> お恥ずかしながら表題のチューブ・ステイションも実はカーターUSMが日本オンリーでリリースした「電気じかけのカバー戦士」なる訳のわからないアルバムで初めて耳にしまして,そこからザ・ジャムを聴くようになったという,コアなファンからは怒られそうな時系列です…(汗)
>
> 学生時代に一度だけポールのライヴに足を運びましたが,渋くてカッコいいおじさんだったなあ…。

Throbbing Gristle 「Adrenalin」 (アルバム:Greatest Hits)

今回はスロッビング・グリッスル「アドレナリン」(Album『グレイテスト・ヒッツ』)をご紹介します。スロッビング・グリッスル入門に最適!彼らにしては毒が控えめのテクノポップ╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:Throbbing Gristle■アーティスト名カナ:スロッビング・グリッスル■曲名:Adrenalin■曲名邦題:アドレナリン■アルバム名:Greatest Hits■アルバム名邦題:グレイテスト・ヒッツ※バンド名は...

... 続きを読む

* Category : 古き良きロック・ポップス

Comment-open▼ * Comment : (0)

The Blow Monkeys 「Digging Your Scene」 (アルバム:Animal Magic)

今回はブロウ・モンキーズ「ディギング・ユア・シーン」(Album『アニマル・マジック』)をご紹介します。不器用な超絶イケメンがAIDSに感染した友達のことを歌った名曲╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:The Blow Monkeys■アーティスト名カナ:ブロウ・モンキーズ■曲名:Digging Your Scene■曲名邦題:ディギング・ユア・シーン■アルバム名:Animal Magic■アルバム名邦題:アニマル・マジック----------...

... 続きを読む

* Category : 古き良きロック・ポップス

Comment-open▼ * Comment : (2)

ご無沙汰しておりました! * by John Metavolita
いつも興味深く拝見しております。

再結成後の活動にはやや懐疑的な僕ですが,
90年代初めまでのブロウ・モンキーズとその後のDr.ロバートの
ソロ・ワークは今でも僕の大のフェイヴァリットです。
(特にソロ期のDr.ロバートは最も過小評価されている
UKミュージシャンの一人だと思っています。)

僕も過去に一度だけ今でも奇跡的なコンディションで保管されている
彼らのドーナツ盤を引っ張り出して取り上げていますので,
お暇な時にでも是非ご覧になってみてください。

ではでは,今後も楽しみにしております。

Re: ご無沙汰しておりました! * by おとましぐら
ありがとうございます。

John Metavolitaさんが取り上げている曲と私が取り上げた曲で、一般的には双璧ですよね。

過小評価というのには、私も同感です。

特に特にDr. Robert名義になってからの評価なんて、過小評価すぎると言いたくなります。

「Realms of gold」あたりは、本当に聞く価値ありますよね。

GTS 「Never Knew Love Like This Before」 (アルバム:Cover Song Album Greatest Cover)

今回はGTS「ネヴァー・ニュー・ラヴ・ライク・ディス・ビフォア(燃える恋心)」(Album『カヴァー・ソング・アルバム”グレイテスト・カヴァー”』)をご紹介します。新宿ブギーボーイや西麻布ピカソでDJをしていた人たちが集まって制作したハウスミュージック╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:GTS■アーティスト名カナ:ジーティーエス■曲名:ネヴァー・ニュー・ラヴ・ライク・ディス・ビフォア(燃える...

... 続きを読む

* Category : クラブミュージック

Comment-open▼ * Comment : (0)

The Doobie Brothers 「Wheels of Fortune」 (アルバム:Takin' It to the Streets)

今回はドゥービー・ブラザーズ「運命の轍」(Album『ドゥービー・ストリート』)をご紹介します。パトリック・シモンズがまとめあげた過渡期を象徴する傑作╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:The Doobie Brothers■アーティスト名カナ:ドゥービー・ブラザーズ■曲名:Wheels of Fortune■曲名邦題:運命の轍■アルバム名:Takin' It to the Streets■アルバム名邦題:ドゥービー・ストリート----------------...

... 続きを読む

* Category : 古き良きロック・ポップス

Comment-open▼ * Comment : (0)

Lenny Kravitz 「It Ain't Over 'Til It's Over」「What Goes Around Comes Around」 (アルバム:Mama Said)

今回はレニー・クラヴィッツ「イット・エイント・オーヴァー・ティル・イッツ・オーヴァー」「ホワット・ゴウズ・アラウンド・カムズ・アラウンド」(Album『ママ・セッド』)をご紹介します。私生活の緊張感が音楽に良い影響をもたらして深みが増した時期の傑作╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:Lenny Kravitz■アーティスト名カナ:レニー・クラヴィッツ■曲名:It Ain't Over 'Til It's Over、What Goe...

... 続きを読む

* Category : ソウルミュージック・R&B

Comment-open▼ * Comment : (0)

Procol Harum 「A Rum Tale」 (アルバム:Grand Hotel)

今回はプロコル・ハルム「ラム・テール」(Album『グランド・ホテル』)をご紹介します。紅茶が似合うロックには、英国ポップらしい毒が満載です!╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:Procol Harum■アーティスト名カナ:プロコル・ハルム■曲名:A Rum Tale■曲名邦題:ラム・テール■アルバム名:Grand Hotel■アルバム名邦題:グランド・ホテル------------------------------■音楽ジャンル:ロック■期待効...

... 続きを読む

* Category : 古き良きロック・ポップス

Comment-open▼ * Comment : (0)

The Happy Losers 「The Happy Losers」 (アルバム:Apple Taste)

今回はハッピー・ルーザーズ「ハッピー・ルーザーズ」(Album『アップル・テイスト』)をご紹介します。スペインのギターポップシーンのレベルの高さを示す1曲╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:The Happy Losers■アーティスト名カナ:ハッピー・ルーザーズ■曲名:The Happy Losers■曲名邦題:ハッピー・ルーザーズ■アルバム名:Apple Taste■アルバム名邦題:アップル・テイスト------------------------...

... 続きを読む

* Category : 90年以降ロック・ポップス

Comment-open▼ * Comment : (0)

The Stooges 「1969」「No Fun」 (アルバム:The Stooges)

今回はストゥージズ「1969」「ノー・ファン」(Album『イギー・ポップ・アンド・ストゥージズ』)をご紹介します。アシュトン兄弟による熱狂のグルーヴに 血が沸騰すること間違いなし!╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:The Stooges■アーティスト名カナ:ストゥージズ■曲名:1969、No Fun■曲名邦題:1969、ノー・ファン■アルバム名:The Stooges■アルバム名邦題:イギー・ポップ・アンド・ストゥージズ-...

... 続きを読む

* Category : 古き良きロック・ポップス

Comment-open▼ * Comment : (0)

ムーンライダーズ 「悲しい知らせ」 (アルバム:ANIMAL INDEX)

今回はムーンライダーズ「悲しい知らせ」(Album『アニマル・インデックス』)をご紹介します。鈴木慶一さんがうつ一歩手前の時 たこ八郎に救いを求めた気持ちを理解できる曲╂ 本日のおすすめ!(Today's Selection) ╂■アーティスト名:ムーンライダーズ■アーティスト名英語:moonriders■曲名:悲しい知らせ■アルバム名:ANIMAL INDEX■アルバム名邦題:アニマル・インデックス------------------------------■音楽ジャンル:ポッ...

... 続きを読む

* Category : 日本の音楽・JPOP

Comment-open▼ * Comment : (0)

Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence